ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 映画「二ノ国」には“真骨頂”が詰まってる? 宮野真守&梶裕貴&津田健次郎3ショットインタビュー

映画「二ノ国」には“真骨頂”が詰まってる? 宮野真守&梶裕貴&津田健次郎3ショットインタビュー

3

2019年08月23日 19:23  ねとらぼ

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真左からダンパ役の梶裕貴さん、ヨキ役の宮野真守さん、ガバラス役の津田健次郎さん
左からダンパ役の梶裕貴さん、ヨキ役の宮野真守さん、ガバラス役の津田健次郎さん

 レベルファイブの人気ゲームを原案としたアニメ映画「二ノ国」が8月23日、全国公開を迎えました。製作総指揮/原案・脚本は日野晃博さん、監督は映画「もののけ姫」のCG制作を手掛けた百瀬義行さん、音楽はスタジオジブリ作品などで知られる久石譲さんと、まさにドリームチームで贈る同作。



【画像】3人が演じたキャラクター



 物語の舞台は、現実世界の「一ノ国」と想像を超えた魔法の世界「二ノ国」が隣り合わせに存在する世界。高校生のユウ(山崎賢人さん、崎はたつさき)と親友のハル(新田真剣佑さん)は、事件に巻き込まれたハルの恋人・コトナを助け出す途中で二ノ国に迷い込み、コトナと命がつながったエスタバニア王国の姫・アーシャ(永野芽郁さんが2役兼任)に出会います。アーシャ姫に心を寄せるユウ。しかし、王国を狙う黒旗軍の最高指導者・ガバラスから、コトナを救うためにはアーシャ姫の命を奪う必要があると知らされたことで、2人は大切な人の命を懸けた“究極の選択”を迫られることになります。



 声優初挑戦となる山崎さんらのまわりを固めるのは、実力と人気を兼ね備えたプロの声優たち。ねとらぼでは、エスタバニア王国の魔法宰相・ヨキ役の宮野真守さん、アーシャ姫をお世話する妖精族・ダンパ役の梶裕貴さん、黒旗軍の最高指導者・ガバラス役の津田健次郎さんに、同作の魅力や見どころについて聞きました。



―― ご自身が演じたキャラクターについて、簡単に教えてください。



梶 アーシャ姫のお世話係であり、実にファンタジー作品らしい容姿をしているかわいらしいキャラクタター。でも、実はしっかり者なんです。外見の雰囲気にあった声質をキープしつつ、彼が任されている立場、重みも出せるようにと意識して演じさせていただきました。



宮野 ヨキは、すごく強い思いを秘めているキャラクターなので、僕はそこに対してまっ直ぐ向かっていったという感じですね。



津田 ガバラスは黒旗軍の最高指導者ということで、強い男、信念のある男です。



宮野 目的のために手段を選ばない男だったりしますよね。



津田 確かに、うまいこと言ったね。そういう意味では、エスタバニアにとっては怖い存在ですね。



―― 皆さんはいろんな作品で共演されていますが、お互いの演技について気付いた魅力はありますか?



宮野 (梶さんのダンパが)めっちゃくちゃかわいかった。



津田 かわいかったね〜。



宮野 収録のときには、まだまわりの方々の声が入っていなくて、主人公3人のまっ直ぐなボイスと、唯一ダンパの声が入っていて、「知ってる人ー!」って思って。



梶 あっはっは(笑)。



宮野 梶くん、今回はこういう方向性でいくんだ、と。梶くんの戦い方というか攻め方というか、そういうものも感じられました。



梶 僕としては、どちらかというと新しいというよりは、お2人の“真骨頂”が詰まっているなという印象でした。僕自身は収録のタイミングが早かったので、皆さんの声は想像しながらのお芝居だったんですけど、実際に完成したフィルムを拝見して、「これだ!」っていうものを感じましたね。



津田 梶くん、こういう(かわいらしい)キャラクターができるっていうのは知っていたんですけど、最近は割と大人の梶くんが多くて、「そういえばそうだった」って。超かわいいと思いました。ちょ〜〜かわいい(しみじみとしながら)。



 僕は割と遅めに収録させていただいたので、皆の声を聞きながらできたんですね。マモの演技は本当に頼もしかったです。



宮野 そういえば思い出しました。いろいろリテイクがあったりして、後半は津田さんの声を聞きながらの収録だったんです。やっぱり存在感が違うなって思って。この間イベントをさせていただいたときに、永野芽郁ちゃんが「はあぁ……良い声〜」って言っていて。



梶 僕も一緒に「はぁ、良い声〜」ってなりましたもん。



津田 なんで!(笑)。付き合い長いじゃない(笑)。



―― 永野さんの名前が出ましたが、山崎さんらとの交流はありましたか?



梶 僕は山崎賢人くんの収録に少しだけ立ち会うことができました。収録の前から相談……というか、初めての声優挑戦ということでアドバイスや意見を聞いてくれていたりしたんです。でも、もともと実写で活躍されている俳優さんなので、声のお芝居だからどうっていうよりも、普段やっているように、思ったようにお芝居するのがすてきなんじゃないかな、というお話はさせていただきました。



 現場で実際にアフレコをしている姿も見られたんですけど、まさに心も体も動かしてぶつかっていて。監督や日野さんの演出に対して試行錯誤しつつも楽しみながら挑んでいる姿を見て、本当にかっこいいなと思いましたね。



―― 壮大なストーリーが展開される「二ノ国」ですが、物語についての印象を聞かせてください。



梶 「一ノ国」と「二ノ国」が存在するというのが、この映画の一番大きな要素だと思います。一ノ国で起こるドラマと、二ノ国で起こるドラマがどう絡み合っていくのか。そして、青春とファンタジーという両面がどのようなバランスで描かれているのか。人生と同じで一筋縄ではいかない、その山あり谷ありというところにドキドキワクワクしていただけるんじゃないかなと思います。



津田 リアルとファンタジー、一ノ国と二ノ国の行き来っていうのが、設定として一番の見どころではあります。物語的にはヘビーな部分があったり、とっても楽しい部分があったり、本当にさまざまな要素があるので、いろんな楽しみ方ができるのではないかなと。キャラクターも個性豊かで、そういう意味では誰が見ても楽しめる部分があるんじゃないかなと思います。



宮野 少年たちがショッキングな出来事に立ち向かっていくっていうところにハッとさせられるし、だからこそ命というものを考えさせられる。僕らも、「命を選べ」という壮大な選択ではないにしろ、たくさん選択しながら生きていかなきゃいけないと思うので、そこにきっかけをくれるようなメッセージを持った作品だと思っています。



―― では最後に、完成した作品をご覧になって、一番ぐっと来たシーンを教えてください。



津田 二ノ国で目覚めた瞬間ですね。ファンタジーの世界が一気にわーっと広がる、ああいうのは大好きですね。こういう映画の真骨頂といいますか。



梶 船が出航するシーンや酒場など、エネルギーがあふれているシーンですね。久石譲さんの音楽の力もあると思うんですが、世界がより広がるような感じがして感動しました。



宮野 泉のシーンもきれいだったよね。アーシャがかわいかった。



津田 ファンタジーはいいよね、夢があるよ。



(C) 2019 映画「二ノ国」製作委員会


    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    オススメゲーム

    ニュース設定