ホーム > mixiニュース > トレンド > テクニクスからネットワーク/SACDプレーヤー発売

テクニクスからネットワーク/SACDプレーヤー発売

2

2019年08月24日 08:21  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真テクニクスからネットワーク/SACDプレーヤー発売
テクニクスからネットワーク/SACDプレーヤー発売

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 パナソニックはオーディオブランドのテクニクスから、SACD(スーパーオーディオCD)再生とハイレゾやストリーミング音源の再生の2つの機能を複合化したデジタルオーディオプレーヤー、「SL-G700」を8月23日に発売した。価格は28万円(税別)。

 SL-G700の特徴は、SACDからハイレゾ、ストリーミングなどの音楽データまでの再生を一台でこなすだけでなく、それらの音源をさらにいい音で楽しめるように設計されていること。SACD再生については、CD再生とともに専用モードを搭載し、SACD/CD再生時は必要な回路以外の電源をオフにして、その影響を排除、音質の向上を図る。

 今話題のMQA方式に対応しており、内蔵MQAデコーダーにより、ハイレゾ並みのグレードのMQA-CDフルデコード再生や、音楽配信サービス各社からダウンロードしたMQAファイルのハイレゾグレードでの再生を可能にしている。もちろん、最新のハイレゾフォーマットに対応。PCMでは最大384kHz/32bit、DSDでは11.2MHzまでの音源が再生できる。

 ネットワーク機能ではGoogle Chromecastに対応し、アプリ経由による音楽ストリーミングサービス再生やGoogleアシスタントによる音声操作も可能。また、DeezerやSpotifyなどのストリーミング、インターネットラジオにもダイレクトにアクセスできる。もちろんネットワークプレーヤーとしてパソコンやNASに収めたファイル音源の再生もできるが、さらに外付けUSB-HDドライブが使えるので、ネットワークを通さなくてもミュージックバンクシステムとして活用できる。

 設計でも最新の高音質技術を投入。音質のキーとなるDACデバイスには旭化成エレクトロニクスのAK4497を左右に1基ずつ使うデュアルモノーラル構成として、独立した伝送によって左右干渉を抑え、音質を高精度、高品位に変換。また、DACと並び重要なクロック回路では、電源に独自のバッテリー駆動を導入しているのもポイント。AC電源では避けられないノイズ、歪みの影響も遮断している。このほかICアンプに頼らないディスクリートで組んだアンプ回路、ヘッドホン出力とアナログ出力それぞれに最適化した独立のアンプ回路とするなど、高級機にふさわしい取り組みを行っている。サイズと重量は、幅430×高さ98×奥行407mm/約12.2kg。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 松下はテクニクスブランドをまだ使ってたんだ。日立のローディーはどうかなと思って調べたら、なんと今年まで使ってたらしい。
    • イイネ!7
    • コメント 0件
  • テクニクスと言うと薬師丸ひろ子の涙。
    • イイネ!13
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定