ホーム > mixiニュース > トレンド > 11月開業の渋谷パルコにナディッフの新店舗がオープン、パグメントや大竹彩子とのコラボアイテムも

11月開業の渋谷パルコにナディッフの新店舗がオープン、パグメントや大竹彩子とのコラボアイテムも

0

2019年08月24日 09:12  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真写真
 アート専門書店やミュージアムショップの運営を行うナディッフ(NADiff)の新店舗「ミーツ バイ ナディッフ(Meets by NADiff)」が、11月22日に開業する「渋谷パルコ(PARCO)」の4階にオープンする。ファッションビルへの出店は今回が初となる。
>>"新生"渋谷パルコの開業日は?「ミントデザインズ ガレージストア」など出店店舗も追加発表

 新店舗は、次世代カルチャーの担い手となる若手アーティストに注目し、新たな才能との出会いを生み出すチャレンジングで発信性のあるショップを目指す。店内ではナディッフのアート感性を活かした独創性の高いプロダクトを主軸に、様々なアーティストとコラボレーションしたオリジナルアイテムを展開。初回は、セントラル・セント・マーチンズ(Central Saint Martins)出身のアーティスト 大竹彩子やバンコクを拠点に活動する漫画家のウィスット・ポンニミット(Wisut Ponnimit)、絵画を中心に立体や写真を織り交ぜた作品を制作する五月女哲平、ファッションレーベル「パグメント(PUGMENT)」の4組とコラボレーションする。
 また、コンテンポラリーアーティストによる稀少性の高いアートピースや、インディペンデントデザイナーが手掛ける一点物のアイテム、デザイン性の高いヴィンテージポスターなどを扱う「FAIR企画」では、架空の音楽レーベル「タコマフジレコード (TACOMA FUJI RECORDS)」とテキスタイルレーベル「ユキ フジサワ(YUKI FUJISAWA)」のアパレルアイテム、アーティスト 長谷川有里のぬいぐるみ作品を第1弾として販売する。
 店内に併設した「WALL GALLERY」では、特色あるクリエーションを行うアーティストにフォーカスした展覧会を開催。第1回は、ファッションデザイナーでアーティストの津村耕佑による新作アートワークの展示「"Scales and nerves"『鱗と神経』」を行う。
【インタビュー】「渋谷パルコ」はどう変わる?開発責任者が"マーケティング無視"を貫き通した理由
■Meets by NADiffオープン日:2019年11月22日(金)場所:渋谷パルコ 4階定休日:不定休営業時間:10:00〜21:00渋谷パルコ公式サイト

    あなたにおすすめ

    ニュース設定