ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 大矢氏、DeNA先発・石田の降板は「チームの置かれている状況の違い」

大矢氏、DeNA先発・石田の降板は「チームの置かれている状況の違い」

0

2019年08月25日 07:45  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真DeNA・石田健大
DeNA・石田健大
○ 巨人 8x − 6 DeNA ●
<18回戦 東京ドーム>

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−DeNA戦』で解説を務めた大矢明彦氏が、DeNAの先発・石田健大の交代について言及した。

 石田は3回まで巨人打線を1安打に抑えるピッチングを見せていたが、1−0の4回に丸佳浩に被弾。続く岡本和真に安打、ゲレーロに2ランを浴び勝ち越しを許した。石田は5回に打順が回ってきたところで、代打・中井大介が送られ降板となった。

 大矢氏は石田の降板に「あっという間にひっくり返されたのでね。早めにピッチャーを交代して、攻撃にいかなきゃという。ジャイアンツとDeNA、チームの置かれている状況の違いだと思いますね。石田を早く見切ったと思いますね」と自身の見解を述べていた。

 その後、DeNAは2−5の8回に一挙4点を奪い逆転したが、9回に守護神・山崎康晃が坂本に同点適時打を浴びると、延長11回にエスコバーが代打・石川慎吾に2ランを浴びサヨナラ負けを喫した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定