ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 100円で溜まった疲れやコリを吹き飛ばす、ダイソーの美容&健康グッズ5つ

100円で溜まった疲れやコリを吹き飛ばす、ダイソーの美容&健康グッズ5つ

3

2019年08月25日 10:00  Suits-woman.jp

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

夏休み明けは、どことなくだるい、やる気がおきない……。
そんな休み疲れを感じている働く堅実女子にオススメしたい、ダイソーの美容グッズをご紹介します。

1.フェイストレーナー

フェイストレーナー。

最初にご紹介するのは、表情筋のトレーニンググッズ。
バネの強さは初心者向け。あまり強くないレベルなので、手軽に取り組めます。
使い方は唇の両端にアーム部分を挟んで、水平にゆっくりと「う」を発音するようにバネを縮めます。

口に挟んで表情筋のトレーニング。

口の両端の筋肉に意識を向けて、そこを動かすイメージで1日2〜3分を目途にトレーニングするといいそう。
バネがきつくないとはいえ、2〜3回トライしてみただけで、頬の下あたりが鍛えられている感じがします。
顔に疲れがにじみ出ていると、口角も下がって、人と会うのが億劫になりがち。
口角を上げて、シャッキっとした表情を作り出し、モチベーションを上げたいですね。

2.フェイスリフトアップテープ

フェイスリフトアップテープ。

表情筋のトレーニングなんて、悠長なことは言ってられない!今すぐにリフトアップさせてシャキッとしたい、という人にオススメなのがこの「フェイスリフトアップテープ」です。

台紙から片側だけ切り離せます。

フェイスラインや目元、ほうれい線など、気になる部分に、たるみを持ち上げるようにしてテープをはればOK。

グイっと引っ張るようにしながら、もう片面のテープを台紙からはがします。

かつて物まね芸人が顔に張っていたセロテープを思い出してしまい、少々抵抗があったのですが、貼ってみると肌に馴染んで目立ちません。
それよりもリフトアップした自分の顔が若返ったように見えて、もっと別の個所にも貼ってみたくなっちゃいます。
ただ、持ち上げるたるみの量や貼り方にもよると思いますが、汗をよくかく今の時期、長時間はキープできないかも。
しかし、メイクの上からもしっかり貼れるタイプの皮膚貼付用テープなので、出先で張り直すというのもアリかもしれません。

3.すっきりバー

すっきりバー。

自由気ままに過ごしていた休日から一転、オフィスチェアに座りっぱなしのデスクワークに戻ると、とたんに肩こりが……。
そんな人にオススメしたいのが、この「すっきりバー」です。
筆者は肩甲骨あたりが、ゴリゴリ。長年肩こりに悩まされて、ボールをはさんで押してみたり、マッサージに通ったり。ツボ押しグッズもいろいろ使ってみました。

この先端の突起がツボにあたって気持ちいい〜。

そんな中であえてこのすっきりバーを推すのは、この先端の突起がポイント。
これが、ピンポイントでコリのツボを押してくれます。
しかも、あまり力を入れなくても、結構な強さでツボ押しすることができるので、とっても気持ちいい〜。
気持ちよすぎてグイグイ使っていたら、肩甲骨の下あたりが青くなってしまったので、使いすぎにはご注意を!

4.足うらころころローラー

足うらころころローラー。

いつも酷使している割には、案外怠りがちなのがフットケア。
フットケアは大切だとわかっていても、実際にケアできていない人は少なくないかもしれません。
そんな人にオススメなのが、この足うらころころローラー。
椅子に座って、足の裏でコロコロして使ってみると、刺激されて痛い箇所が見つかります。
そこを重点的にゴリゴリ転がしていると、痛気持ちいい〜。

PCやテレビを見ながら、ころころできます。

足裏が刺激されると、少し頭がすっきりするような気がします。
この足うらころころローラーは手のひらサイズで、場所をとらないところもGOOD。
パソコンを見ながら、足うらころころできる手軽さも、おススメポイントです。

骨盤ストレッチまくら

骨盤ストレッチまくら。

最後にご紹介するのは、1日の疲れをほぐしてくれる骨盤ストレッチまくら。
筒状の空気まくらです。
これを腰の下に置いてストレッチすると、腰が伸びて気持ちいい〜。

背中が伸びる感じが気持ちいいです

また背骨に沿って縦に置いた上で脱力すると、肩回りや背中の伸びに。
足の下に置けば、足もリラックスできます。
日常生活では、どうしても体が前かがみになりがち。 そこで1日の終わりに、このストレッチまくらで体をそらせることでリセット。体の緊張もほぐれて、ぐっずり眠れそうです。

☆☆☆

今回ご紹介した5点ともダイソーのオリジナル商品です。このほかにも使ったら気持ちよさそうなグッズがたくさんあったので、店舗に行ったらぜひチェックしてみてくださいね。

※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合があります。※店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合があります。

文/栗山 佳子

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定