ホーム > mixiニュース > トレンド > 「バスの降車ボタン」を好きなだけ押せる!子ども向けや大人も楽しめるガチな商品も

「バスの降車ボタン」を好きなだけ押せる!子ども向けや大人も楽しめるガチな商品も

4

2019年08月25日 13:12  MONEYzine

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MONEYzine

写真ボタンを押せば、のりものワールド全開の「「学研ムック のりものイチバン!」
ボタンを押せば、のりものワールド全開の「「学研ムック のりものイチバン!」
 バスに乗った子どもが押したくなる「降車ボタン」。その楽しさをいつでも味わえる商品をご紹介!


 子ども時代に路線バスに乗ると、押すタイミングにワクワク、ドキドキするのが「バスの降車ボタン」。この気持ちは昨今の子どもたちも同じらしく、誰にも邪魔されず、存分に押してみたいという願望に応える商品が存在する。



ボタンを押せば、のりものワールド全開の「「学研ムック のりものイチバン!」


 先ごろ学研プラス(東京都品川区)から発行された「学研ムック のりものイチバン!(1,360円・税別)」には「どこでもピンポン!ウォッチがたバスボタン」がついている。「バスボタンモード」と「のりもの音あてクイズモード」があり、前者はバス車内のアナウンス音が、後者は電車やバスなどの音が収録され、好きなだけボタンを押して楽しんだり、クイズに興じることも可能。本誌には関連する読み物があり、もうひとつの付録「のりものタウンマップ」ともリンクしている。


 トイコー(東京都墨田区)の「いつでもピンポン バスボタン」は7種のサウンドが搭載されている。まずはメインのサウンドボタンBを押す。すると「次、とまります」の声とともに「とまります」表示が点灯。サブとなるサウンドボタンA、Cを押すと、バスの車内で聞き覚えのあるアナウンスがそれぞれ3種類流れる。遊ぶ子どもたちを「エア乗車気分」へと誘うこの商品、価格は1,200円(税別)。


 リニューアル版も好調なのが、2015年に東急バス(本社:東京都目黒区)が発売した「降車ボタンキット」の進化系「東急バス 降車ボタンキット リニューアル(黄色ボタンバージョン)」、価格は3,500円(税込)。収録されている音声のほか、搭載されたボイスレコーダー機能で、オリジナルの降車アナウンス作成や車内アナウンスごっこも可能だ。購入特典として、東急バス内の車内アナウンスや車内には流れない業務放送ほかを収録した「東急バス車内音源スペシャルCD(非売品・1枚)」もつく。今年8月には「新降車ボタンキット(幸せの赤ボタン)」と「新降車ボタンキット新色(勝利の青ボタン)」も発売となった。


8月発売の「新降車ボタンキット(幸せの赤ボタン)」と「新降車ボタンキット新色(勝利の青ボタン)」


 どれもイチ押しのバスの降車ボタンを模した商品たち。子どもはもちろん、大人の欲しい気持ちも刺激しそうだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 神奈中商事がガチなやつ売りそう。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定