ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > スカイピース、ホールツアーファイナルにねお・まあたそ・恭一郎・ジュキヤらサプライズ登場!

スカイピース、ホールツアーファイナルにねお・まあたそ・恭一郎・ジュキヤらサプライズ登場!

1

2019年08月26日 07:01  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真スカイピース『Enjoy Summer Fest Buddy 〜まつり〜』最終公演の様子。
スカイピース『Enjoy Summer Fest Buddy 〜まつり〜』最終公演の様子。

 Youtubeでのチャンネル登録者数約260万人、中高生を中心に圧倒的な人気を誇るYouTuberユニット・スカイピースが8月24日、全国ツアー『Enjoy Summer Fest Buddy 〜まつり〜』のファイナル公演を神奈川県民ホールで開催した。


(参考:スカイピース・☆イニ☆、横柄なタクシー運転手に「人生で一番イライラ」もその後の対応に絶賛の声


 7月12日の仙台埼玉県三郷市文化会館からスタートし、埼玉、福岡、札幌、仙台、名古屋、大阪、神奈川と全国7ヶ所9公演で20000人を動員したこのツアー。開演時間になり、暗転されると三味線の音色が会場に流れ、ステージには艶やかな赤い着物姿の花魁風の女性が舞を始め、三味線のテンポが速くなり、それに合わせて舞も曲も激しくなっていくとステージ上の映像も舞が呼応し、華麗にツアーの幕は開けた。


 その勢いのまま「Ride or Die」の三味線イントロが流れると、ステージ上の障子に光が当てられメンバー二人の影が現れたかと思えば、スカイピースの二人はまさかの客席から登場。2曲目は夏の定番曲「青春スプラッシュ」でタオルを回し「僕の夏の恋の話」「無計画の旅」「 おバカだっていいじゃないか!」とダンス曲が続いたあとは、YouTubeで話題の「荒野行動あるある」へ。小道具でライフルを片手に「荒野行動」のゲームの世界観を歌ったコミカルなキラーチューンで会場は更に湧いた。


 その後は「これがぼくのきもち」「分かれ道」とバラードを聴かせて会場は感動の渦へ。各公演日替わりの3曲のコーナーの最終日は「あたりまえポエム」「You can do it!!!!!」「クリームソーダ」を披露したあとは、テオくんの「ラスト2曲です」というMCを経て、人気曲「雨が降るから虹が出る」「リメンバー」で本編が終了した。


 アンコールは、「Sexy Dance FLOOR」の音楽と共に白いスーツで身を固めたメンバーが登場。続けてメジャーデビュー曲「スタートダッシュ」、YouTube再生回数1700万回の「オタパリダンシン」と鉄板の人気曲でライブが終了、と思いきや、今回のツアーの為に書き下ろした未発表新曲「Enjoy Summer」へ。タオルを回して踊るダンスチューンに会場は最高潮の盛り上がりをみせた。


 そして、本当のエンディングへ向かうはずが、☆イニ☆からテオくんへのプレゼントとして、スカイピースにゆかりのあるスペシャルゲストを呼び込み「誕生日おめでとうラップマイクリレー」をサプライズ歌唱した。


 なお、参加ゲストは、ねお、EINSHTEIN、まあたそ、恭一郎、あいにょん、かす、ジュキヤ、せりしゅん、たくま、まこと、ちぃ、とYouTuber・TikToker・ラッパーなど11人の豪華な面々。ここにスカイピースを加えた計13人でのマイクリレーにテオくんも感動。涙に声が詰まる姿に、会場のファンも目を潤ませた。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定