ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 最大の課題は「食・水の確保」!覚えておきたいポリ袋調理&節水レシピ【在宅避難時に役立つ防災レシピ特集 第2回】

最大の課題は「食・水の確保」!覚えておきたいポリ袋調理&節水レシピ【在宅避難時に役立つ防災レシピ特集 第2回】

1

2019年08月26日 12:01  クックパッドニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クックパッドニュース

写真写真

地震や台風・豪雨など、自然災害はいつ自分の身に降りかかるかわかりません。大規模災害に見舞われた場合、日常生活を取り戻すまでには時間がかかるケースも想定されます。被災直後の緊急避難を経て、「在宅避難」へと移行することも少なくないでしょう。在宅避難経験のあるクックパッドユーザー1191名へのアンケート調査結果から、イザという時に役立つ「食の備え」とは何かを読み解いていきます。

非常時こそ、おろそかにできない「食」

本特集の第1回では、被災後のライフラインの被害状況次第で、さまざまな「食」の困りごとが発生している状況をご紹介しました。では、改めて「在宅避難」における最大の課題とは何なのでしょうか?

在宅避難経験者1191名の回答が下記のグラフです。やはり「食・水の確保」を挙げる方が最も多くなりました。

A6ec674d12c7551fe39cece8a14732f9

在宅避難経験者1191名に、在宅避難時における最大の課題とは何かを聞いた結果(単一回答)。最も多かったのは、食べ物と飲み水の確保で約4割に上った。トイレ・風呂・洗濯などの生活用水を課題として挙げる回答者も約2割。水に関係した課題が半数以上を占めた

「食・水の確保」が最大の課題と考えた理由としては、多くの方が「生きるために食は不可欠」であり、「食事を作るにも水がないと何もできない」と回答。さらに、ストレス負荷の大きな状況だからこそ、食こそが精神的な支えになるというご意見も多く見られました。

「食・水の確保」を最大の課題として挙げた理由

  • 「食べないと余計に辛くなります。食べるだけで元気になる」
  • 「やはり食べ物がないと気持ちの面でも余裕がなくなり、適切な判断ができなくなる」
  • 「食事が一番ストレスを発散できたと思うから」
  • 「子どもに食物アレルギーがあるので、何でも食べられるわけではなく、普段手作りしてたものも材料が手に入らず作ってあげられなかった」
  • 「生活に必要な水のほか、調理にはどうしても水が必要なので、安心できる水を確保できないと生きていけない」
  • 「太陽光で電気は手に入るけど、水は自力で調達するのは難しいから」
  • 「在宅で生活するためには衛生面に気をつけることが重要事項でした。特に食器を洗ったり、トイレを流したり、身体を拭く等にかなりの量の水が必要でした。その水を運ぶことが大変でしたし、十分な量を運ぶことは困難でした」
  • 「水が出ないと水分を我慢して取らなくなり、トイレも我慢しちゃって体調不良になるので」
  • 「上水道だけでなく下水道も不通になり、一切水が流せなくなったため。水が使えないことより流せないことの方が大変だった」

使い慣れた食材をストックしておくのが有効

こうした中、実際に何を食べてしのいでいたのかを聞くと、パンやパスタ、インスタント麺、レトルト食品、缶詰など、「買い置きしてあった食材を食べた」とのご意見が多数ありました。「普段、買いだめしすぎと言われていたけどストックが役立った」という声も。

やはり、非常用の備蓄食品を豊富に取りそろえている人は少なく、結果的に普段からよく使っているストック食材を活用しているケースが多く見受けられました。こうした食材を日ごろから一定量買い置きしておき、日々の食事に取り入れて消費し、消費した分をまた買い足す「ローリングストック」は、イザという時の備えとして有効と言えそうです。

その上で、水を極力使わずにすむ「ポリ袋調理」や「節水レシピ」を覚えておくと、非常時にも活用できます。下のレシピは一例ですが、日常的にも使えるものばかり。ぜひ毎日の食卓に取り入れ、試してみてはいかがでしょうか。

レトルト活用で本格リゾット





[防災レシピ]ポリ袋deカルボナーラご飯(レシピ:https://cookpad.com/recipe/5219396)
by 防災ママかきつばた
パスタソースと生米で、カルボナーラごはんを作りました!!炊飯器が使えなければカセットコンロとポリ袋で災害時クッキング♪

茹でずに具材と煮て節水!





ワンパン素麺ナポリタン #頑張れけっぱれ(レシピ:https://cookpad.com/recipe/5239508)
by だんどり亭
災害時用に水も少なく火も短時間に!


次回は、在宅避難時の食事作りに役立った「食材」のアンケート結果と、その活用レシピをご紹介していきます。

(TEXT:福井千尋)

【アンケート調査概要】

調査テーマ:「被災時の料理に関するアンケート」
調査方法:インターネット調査(クックパッドのメールマガジン)
調査地域:全国
調査対象:クックパッドのユーザー2777名(うち在宅避難経験者1191名)
調査実施時期:2019年3月29日(金)〜4月1日(月)

『クックパッド 防災レシピBOOK』発売中!

『在宅避難で役立つ食まわりの知恵から日ごろの備えまで クックパッド 防災レシピBOOK』(扶桑社)

20b4228c10eab7f0923bc6279116c5c3

被災直後の緊急避難を経て、自分や家族の安全が確保できると判断できた場合には「在宅避難」を選択するケースも少なくありません。ただし、ライフラインが完全復旧しておらず、不具合がある中で在宅避難生活を送るには、日ごろからの「備え」が必要です。

そこで、本書ではクックパッドの豊富なレシピの中から、非常時だけではなく日ごろから活用できる「ポリ袋調理」や「節ガス・節水レシピ」などをピックアップして掲載。また、上の記事でも紹介している在宅避難経験のあるクックパッドユーザー1191名へのアンケート調査結果を元に、被災時に本当に役立つ備えや生活周りの知恵を紹介しています。

家族の“災害に備える力”を高めるため、また、イザというときに自分の頭で考えて行動するためのツールとして活用できる実践的な内容が満載の一冊です。

2019年8月23日(金)より、全国の書店やオンラインストアで好評発売中。
>>>購入はこちら

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない 場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定