ホーム > mixiニュース > 海外 > 英高層住宅火災から2年、ノッティングヒルカーニバルで市長が黙祷

英高層住宅火災から2年、ノッティングヒルカーニバルで市長が黙祷

0

2019年08月26日 16:32  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[25日 ロイター] - 英ロンドン西部ノッティングヒルで行われた欧州最大規模の祭典「ノッティングヒル・カーニバル」に25日、サディク・カーン市長が参加した。市長は地元住民や消防団に加わり、2年前のグレンフェル・タワー火災で亡くなった人々のために黙とうした。


この火災は、カーニバルの会場近くの24階建て高層公営住宅で2017年6月14日に発生。国内では第2次大戦以来、最も多くの犠牲者を出した。


このカーニバルは1960年代、アフリカ・カリブ出身者のコミュニティーを祝う祭りとして始まり、異人種どうしが認め合うことの象徴となった。カーン氏市長は「間違いなく欧州最大のお祭りだ。皆が素晴らしい時間を過ごすことを願う」と述べた。


今年は最大200万人の参加が見込まれているという。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定