ホーム > mixiニュース > トレンド > ポルシェ、初の電気自動車「タイカン」のインテリアを公開

ポルシェ、初の電気自動車「タイカン」のインテリアを公開

1

2019年08月26日 18:22  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
ポルシェは同社初の電気自動車(EV)「タイカン」のインテリア画像を公開した。着想の源となったのは、1963年に登場した初代「911」のダッシュボード。ドライバーとスポーティーな着座位置にこだわったインテリアデザインは「典型的なポルシェ」だと同社は表現している。

○「ヘイ、ポルシェ!」のボイスコントロールを搭載

ポルシェは2019年9月にタイカンを発表する予定。それに先立ち、インテリアの画像をこのほど公開した。

メーターパネルは16.8インチのディスプレイで、画面には本物のガラスを使用するとのこと。ポルシェ特有の丸型メーターを表示する「クラシックモード」のほか、「マップモード」「フルマップモード」「ピュアモード」の計4種類から表示モードが選べる。

ステアリングホイールは「ベーシックバージョン」と「GTスポーツステアリングホイール」の2種類。ネジの頭が見える特徴的なデザインとなっていて、ドライビングモードの選択に使用するポルシェ特有の丸型モードスイッチを備えている。

全てのユーザーインターフェースは、ポルシェがタイカンのために新たにデザインしたものとなる。スイッチやボタンなどの制御用ハードウェアは、大幅に数を減らしているという。これらの物理的な制御系パーツに代わり、タッチ操作や「Hey Porsche」コマンドに応答するボイスコントロール機能が備わったことから、より直感的な操作が実現しているとのことだ。(藤田真吾)

このニュースに関するつぶやき

  • ポルシェのインテリアってコックピットの表現がしっくりくるよね!ただカッコいいだけでなく機能美に溢れている。新型車の試乗会に招待される度に実感する。SUV、セダンも運転席に居れば全く気にならない。がやはり911しか買わないかな
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定