ホーム > mixiニュース > トレンド > 「丸すぎるアザラシ」がクッションに 海遊館監修、表情やハート模様まで再現 飼育員も「検温したくなる」

「丸すぎるアザラシ」がクッションに 海遊館監修、表情やハート模様まで再現 飼育員も「検温したくなる」

0

2019年08月27日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真「丸すぎるアザラシ」として話題になったユキ(クッションではなく本物です)=フェリシモ提供
「丸すぎるアザラシ」として話題になったユキ(クッションではなく本物です)=フェリシモ提供

 「丸すぎるアザラシ」として昨年話題になった海遊館(大阪市)のワモンアザラシ・ユキ。そんな人気者を忠実に再現した巨大クッションが発売され、ネット上で注目を集めています。発売元の担当者に話を聞きました。

【画像】リアルすぎるクッションがこちら。丸すぎるユキと、笑顔が魅力のアラレの2種類。どっちも可愛い!

ツイッターで話題に
 今月23日、おもしろ雑貨を手がけるフェリシモ「YOU+MORE!(ユーモア)」のツイッターアカウントが、こんなつぶやきを投稿しました。

 ◇ ◇ ◇

 丸すぎるアザラシが、丸すぎるクッションに。

 海遊館の丸すぎるアザラシユキちゃんと、のほほん笑顔が魅力のアラレちゃんがクッションに。

 飼育員さん監修で生まれました。

フェリシモに聞きました
 添付された画像には、本物と見間違うほどそっくりに作られたユキとアラレのクッションが写っています。

 この投稿に対して、「もはやボール」「とても癒やされます」といったコメントが寄せられ、リツイートは5万、いいねは9万を超えています。

 「こちらの商品は、海遊館とYOU+MORE!のコラボレーション第3弾になります」

 そう話すのは、フェリシモ生活雑貨事業部の豊川紗代さん。

 同僚の楢崎友里さんと一緒に、第1弾の「もっちりカワウソポーチ」、第2弾の「オウサマペンギン3変化ぬいぐるみ」に続く第3弾として「もっちりアザラシビッグクッション」を企画しました。

海遊館の飼育員が監修
 丸すぎて人気になったユキと、ムニ〜ッと笑った表情がかわいいアラレ。

 クッションのサイズは、ユキが縦約60cm・横約30cm・高さ約28cm、アラレが縦約76cm・横約32cm・高さ約30cmと、実際より小さめで、価格はいずれも税抜き6200円。

 伸びる細かい綿を使用しているため、大福のようにモチモチしたさわり心地だといいます。

 海遊館の担当飼育員に監修してもらうにあたって、豊川さんと楢崎さんも実際にユキ・アラレを何度か観察させてもらい、写真を100枚以上撮影。

 画像を参考にしながら模様のイラストを起こし、フルカラープリントでリアルに再現しました。

「検温したくなる」
 「まん丸なので、最初は簡単かな〜と思っていましたが、いざ制作すると細かな所までこだわってしまって」と豊川さん。

 飼育員から教えてもらったユキの左腰に隠れているハートマークや、アラレのチャームポイントであるクルッとカールした左まゆげも再現。

 アザラシ担当の飼育員に尻尾の裏側の色を確認してもらった際に、「リアルすぎて検温したくなる……」と言われた瞬間が忘れられないといいます。

 冬に向けて脂肪を蓄えて、秋口からより丸くなるというユキ。それまでになんとか発売しようと商品化を急いだそうです。

 ツイートが話題になったことについて、豊川さんはこう話します。

 「『こんなアザラシがいたんだ』というコメントもあり、今回のツイートでユキちゃん・アラレちゃんのことを知った方もいらっしゃったようです。海遊館の飼育員の方々の努力でのびのび暮らしている2頭を再現したので、ぜひ癒やされてください」

 ◇ ◇ ◇

 注文が殺到したため、フェリシモの通販ページは一時受け付けを見合わ中です。海遊館での販売は今秋を予定しているそうです。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定