ホーム > mixiニュース > コラム > あおり被害者にならないために

“あおり運転”被害者にならないための「スルー法」は?

354

2019年08月28日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真逮捕された宮崎文夫容疑者。常磐道に車を止め、ブチ切れて向かってくる様子がドライブレコーダーに残っていた(テレビ朝日の公式ツイッターから)
逮捕された宮崎文夫容疑者。常磐道に車を止め、ブチ切れて向かってくる様子がドライブレコーダーに残っていた(テレビ朝日の公式ツイッターから)
 茨城県内の常磐自動車道であおり運転をし、男性を殴ってけがをさせたとして宮崎文夫容疑者(43)らが逮捕された事件が波紋を広げている。

 警察庁長官は事件後、「あおり運転は、極めて悪質な行為で、刑法の適用を含めた取り締まりを強化する」と大号令。その影響で、大阪府警は、堺市内で1月にあおり運転をし、運転手の胸ぐらをつかんだとして、大阪府松原市の僧侶の男(61)を暴行容疑で8月22日までに書類送検した。

 宮崎容疑者の事件で決め手になったのは、被害者男性の車のドライブレコーダーの映像だった。堺市の事件でも僧侶の車が繰り返し急ブレーキをかけてあおったうえ、法衣姿で車を降りた僧侶が被害者に「降りてこい、こらぁ」などと怒鳴る様子がドライブレコーダーに記録されていた。書類送検された僧侶は本誌の取材に対し、こう釈明した。

「カーッと頭に血が上って相手の運転手を怒鳴った時、助手席の檀家の方が『いい加減にしろ』という感じでクラクションを鳴らしてくれて、ようやく冷静さを取り戻しました」

 事件後、ドライブレコーダーの映像がユーチューブにアップされ、「僧侶なのにひどい」などと批判が殺到。6月末以降、北堺警察署から取り調べを数回、受けたという。

「正直、危険な運転は相手からしてきたことだ。今回の事件で、私の職業は直接関係ないが、坊さんとしてどうなんやと言われると、反省しています。人として行き過ぎたことでした」

 書類送検されたことがマスコミで報道され、檀家が20軒ほど減ったという。

「うちの寺は200年以上続いていますが、本山からも連絡がきて、『やめてくれ』という意味合いのことを言われました。起訴されるかどうかはわかりませんが、書類送検されただけで大きく報じられ、社会的には抹殺されたようなものです」

 元千葉県警交通警察官で交通事故鑑定人の熊谷宗徳さんが説明する。

「ドライブレコーダーは動く防犯カメラとして、加害者側のあおり運転の確実な証拠になる。装着を義務化する流れになっていくでしょう」

 熊谷さんによれば、わざとあおり運転をする輩は全国各地に存在するという。

「私が以前あおられたケースでは、前方の加害者の車が車線の上をわざと走行していた。こちらが車線変更すると合わせるように前に割り込んできた。こうした『故意犯』にはいつどこで出合うかわかりません」

 実際にデータ上でもそれが見て取れる。

 各都道府県公安委員会が昨年1年間に免許停止の行政処分とした事案は、過去最多の42件だった。2014年からの4年間は年間4〜7件しかなく、6〜10倍超に急増した。前方との車間距離を詰めすぎる道路交通法の車間距離保持義務違反の摘発も1万3025件で前年からほぼ倍増している形だ。

 死亡事故に発展する恐れがあるあおり運転の社会問題化を受けて、警察庁は昨年1月、免許停止の行政処分適用と取り締まりの積極化を求める通達を出している。

 道交法では、車の運転をすることが著しく交通に危険を生じさせる恐れがある運転者を「危険性帯有者」と規定している。その場合、最長で180日間の免許停止処分にすることができる。運転免許の行政処分は、交通違反での点数の累積による実施が一般的だが、警察庁は交通トラブルから暴力沙汰になるようなケースで危険性帯有者の規定活用を求めている。

 もし私たちが道路上であおられたらどうすればいいのか──。

 企業のクレーム対応などの研修や講演会などの事業を運営する「トークナビ」の代表で、フリーアナウンサーの樋田かおりさんは「あおられてもとにかくイラッとしないことが大切。心が弱っている、不安定など人間の生存本能としての怒りからあおる行動を取っているんだな、と考えると腹も立たなくなるでしょう」と説く。

 前出の熊谷さんは自らの体験をもとにこう話す。

「あおられてイラッときてしまうのは人情。ただし、これ以上いったら大事故、大事件につながるという見極めが大事だ。ここから一歩踏み出すとこんな大変なことになると想像力を働かせると冷静になれる」

 樋田さんと熊谷さんによると、以下の行動を心掛けると良いという。

•車間距離を取る
•決して追い越さない
•あおられてイラッときても受け流す
•高速道路上では絶対に停止しない
•ドアの鍵をロックして、窓も開けない
•高速道路ならばパーキングエリア、サービスエリアに逃げる
•車のナンバーを控え、撮影する
•ドライブレコーダーを装着する

 基本は、とにかく「スルー」する。この心構えをいつも持っていることが最も重要だ。

(本誌・羽富宏文/今西憲之)

※週刊朝日  2019年9月6日号

【おすすめ記事】宮崎容疑者を大阪で逮捕「自分のポルシェが追い抜かれると頭にくる」知人が危惧したストレス 


このニュースに関するつぶやき

  • よく制限速度を守って走行しているだけで周りが見えていないドライバー、みたいな批判をする人が居るが彼らには標識が見えていないのだろうか? https://mixi.at/admmUgv
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • だいたい煽った側はそう言うよね。 >正直、危険な運転は相手からしてきたことだ。
    • イイネ!103
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(253件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定