ホーム > mixiニュース > トレンド > 予約しないと有料 JR東海、新幹線で「特大荷物」持ち込みを事前予約制へ 東海道・山陽・九州で導入

予約しないと有料 JR東海、新幹線で「特大荷物」持ち込みを事前予約制へ 東海道・山陽・九州で導入

2

2019年08月30日 14:08  ねとらぼ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真JR東日本、新幹線で「特大荷物」持ち込みを事前予約制を導入する方針に
JR東日本、新幹線で「特大荷物」持ち込みを事前予約制を導入する方針に

 2019年8月29日、JR東海は事前予約が必要となる新しい荷物持ち込みのルールを東海道、山陽、九州の新幹線で導入すると発表しました。2020年5月中旬から実施され、予約しない場合は1000円の持ち込み手数料が発生します。



【画像】荷物スペースと新設される荷物コーナーのイメージ



 新ルールは、東京オリンピック・パラリンピックで利用客の持ち込み荷物が増加することを想定したもので、対象となるのは指定席を利用するユーザーです。



 3辺の合計が160センチ超える「特大荷物」に分類される荷物が事前予約制の対象となり、指定された「荷物スペース」、もしくは「荷物コーナー」に置くことになります。



 荷物スペースは、客室最後部にある座席裏の空間を活用する予定。これまでも荷物置場として利用する人はいましたが、今後は特大荷物の定位置となります。(ベビーカーなど荷物置場を必要とする事情がある場合、利用可能)



 新設される荷物コーナーは、予約者に通知される番号を入力するダイヤルロックと、交通系ICカードなどで解除するワイヤーロックを使った二重ロック式を採用。盗難対策が施された安心感のあるサービスとなっていますが、こちらはサービス開始には間に合わず2023年度内の導入を予定しています。



 予約方法はこれまでの新幹線のチケット購入とほぼ同じ手順となっており、座席を選択するときに「特大荷物置場つき座席」を選んで購入するだけ。あとは当日に指定された荷物スペースを利用するだけです。



 この予約を行わなかった場合、持ち込み手数料として1000円を支払うことになります。あらかじめ大きな荷物を持ち込むことが想定されるときは座席を予約するときに「特大荷物置場つき座席」を選ぶようにした方が良さそうですね。



 小さなキャリーケースや小脇に抱えられる程度のダンボール箱など、これまで通り座席上部にある荷物棚に収納できる3辺160センチ以下の荷物については特に制限はなく、新幹線に持ち込める荷物の最大サイズは3辺250センチまでで、これまで通りとなっています。



【訂正:2019年8月30日14時50分 当初、「JR東日本」と表記していましたが「JR東海」の誤りだったため、当該箇所を訂正しました】


    あなたにおすすめ

    ニュース設定