ホーム > mixiニュース > トレンド > FiiOから音質アップが図れるDAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ登場

FiiOから音質アップが図れるDAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ登場

0

2019年08月31日 08:31  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真FiiOから音質アップが図れるDAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ登場
FiiOから音質アップが図れるDAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ登場

 モバイルオーディオブランドのFiiO(フィーオ・中国)からUSB DAC内蔵のポータブルヘッドホンアンプ「Q5s」が発売された。最新DACチップによる左右独立構成、バランス出力、Bluetooth搭載など、デジタルミュージックプレーヤーやスマホ、PCでのヘッドホン/イヤホン再生の音質アップが図れる。オープン価格で、店頭などでは標準のAM3Eアンプモジュール仕様(Q5s with AM3E)が4万8,000円前後(税別)、バランスアンプ仕様の限定モデル(Q5s with AM3D)が5万1,700円前後となる。取り扱いは輸入オーディオ機器のエミライ。

 入力はUSBのほか、同軸と光のデジタル、ステレオミニのアナログ入力を装備。デジタルミュージックプレーヤーやさまざまなデジタルオーディオ機器、スマホやPCの再生に対応する。さらにBluetoothでは、AACはもちろんaptXはLLとHD、さらにHWA(LHDC)まで高音質コーデックにフルで対応、さまざまなポータブル機器でもベストの音質を確保する。専用アプリを使えばスマホから主要な操作が可能。連続再生時間は最大約9.5時間、大きさは、幅64×高さ124×厚さ16mm。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定