ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > KDDI、法人向け5Gソリューションを2020年3月から提供 AIや映像を活用

KDDI、法人向け5Gソリューションを2020年3月から提供 AIや映像を活用

1

2019年09月02日 19:02  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真「AIカメラ」のイメージ
「AIカメラ」のイメージ

 KDDIは、2020年3月に法人向け5G対応ソリューション「AIカメラ」「Intelligent Display」「3Dホログラム」を順次提供開始。2019年11月にはビジネス開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を通じた5Gトライアル環境も提供する。※価格は全て税別。



【その他の画像】



 本サービスは5Gの特徴である「大容量」「低遅延」を生かし、高精細動画像やAIを組み合わせたたもの。従来は固定回線やオンプレミス環境で構築されていたシステムが効率化され、導入・運用コストが大幅に低減。導入から運用までトータルコスト圧縮や一時的な現場での利用など、環境に依存しないビジネスの早期展開を可能とする。



 「AIカメラ」は主に小売業界、飲食業界、鉄道業界、航空業界を対象とし、ビジネススケールの拡大や安心・安全の向上、業務効率化に最適なソリューション。高精細カメラと画像解析エンジンによる分析が可能で、クラウド環境にサーバを設置するためスペースや配線に悩む必要がない。提供価格はクラウドサーバ利用料が月額4万円(最大5台のカメラを接続した場合)、カメラは月額1万6000円から。



 「Intelligent Display」は、商業施設や公共施設、イベント会場などの電子案内板や広告表示に最適なソリューション。高精細カメラやセンサーと連携し、来場者の属性に合わせてコンテンツを配信できる。クラウド環境によるコンテンツの即時更新や導入コスト削減など業務効率化をはじめ、属性解析でのOne to Oneマーケティングも可能とする。提供価格は月額4万9000円から。



 「3Dホログラム」ではヘッドマウントディスプレイなどを装着せず、裸眼で3Dコンテンツを立体的に視聴できる。主に小売業界での商品展示や美術館・博物館での展示物の360度視聴、受付業務に最適としている。センサー連携でのインタラクティブなコンテンツ生成の実現、3DCGコンテンツの制作などをワンストップで提供し、遅延が少ない操作性と触感も加えた新しい「Natural User Interface」も利用できる。提供価格は月額7万7000円から。


このニュースに関するつぶやき

  • 通信量がなんたら規制があるのに。5Gなんてまともに使えないだろ。・・通信量制限解除してから物申せ!
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定