ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > YOSHI、菅田将暉、仲野太賀と「大駱駝艦」扮する謎の白塗り集団 『タロウのバカ』本編映像公開

YOSHI、菅田将暉、仲野太賀と「大駱駝艦」扮する謎の白塗り集団 『タロウのバカ』本編映像公開

0

2019年09月03日 18:51  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『タロウのバカ』(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会
『タロウのバカ』(c)2019 映画「タロウのバカ」製作委員会

 9月6日公開の大森立嗣監督最新作『タロウのバカ』の本編映像が公開された。


参考:菅田将暉が金属棒で何者かを殴りつける 『タロウのバカ』本予告&メインビジュアル公開


 本作は、『日日是好日』『セトウツミ』『さよなら渓谷』などの大森監督のオリジナル脚 本による最新作。主人公の少年タロウには名前がない。戸籍すらなく、一度も学校に通ったことがない。そんな“何者でもない”タロウ(YOSHI)には、エージ(菅田将暉)、スギオ(仲野太賀)という高校生の仲間がいる。エージ、スギオはそれぞれやるせない悩みを抱えているが、なぜかタロウとつるんでいるときは心を解き放たれる。大きな川が流れ、頭上を高速道路が走り、空虚なほどだだっ広い町を、3人はあてどなく走り回り、その奔放な日々に自由を感じている。しかし、偶然にも一丁の拳銃を手に入れたことをきっかけに、彼らはそれまで目を背けていた過酷な現実に向き合うこととなる。


 今回公開された本編映像は、拳銃を手に入れたことにより、死を強く意識し始めたタロウ、エージ、スギオの3人が、生と死の狭間に入り込むさまを幻想的に表現したシーンで、俳優・舞踏家である麿赤兒が主催する舞踏カンパニー「大駱駝艦」が扮した謎の白塗りの集団の登場から始まる。彼らが読み上げているのは、パレスチナ人をめぐる抑圧や不安、抵抗を託した詩で知られ、パレスチナを代表する詩人でもあるマフムード・ダルウィーシュの詩の一節から引用したもの。この異様な“現実”とも“幻想”とも区別のつかない謎の集団の前を、タロウ、エージ、スギオの3人はともに静かに歩き始める。その後、エージが呟くのは「生きてる人と死んでる人って、どっちが多いかっつったら死んだ人の方だよな」という、あまりにも刹那的な一言。壊れゆく世界を生きざるを得ない3人の少年たちの、理屈では説明できない感情が溢れ出す映像となっている。


 このシーンを挿入した理由について、大森監督は「異物感のあるものを入れることで、世界を広げたくなる。物分かりのいい完成度の中で収まると、逆に自分の気持ちが歪曲して伝わっちゃうかなと。『外に、外に』っていう感覚。現実、原則から一歩踏み出したいといつも思っています」と、現実を切り取る手法で満足するのではなく、より高次元へと飛翔させるために本シーン映像を採用したと明かしている。


 背景に流れる印象的な音楽は、彼らの生と死の狭間をたゆたう感覚を、独特の音色を持つインドの民族楽器シタールによって表現したもの。手がけたのは、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『ぼっちゃん』『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』で過去何度も大森監督とタッグを組んでいる大友良英。「シタールは音階が正音階より数倍広いんですね。つまり、ピアノやギターのような安定感というか心地よさに収まっちゃう楽器ではない。シタールの揺らぎのある音は、例えば、生と死の狭間を表現できると思った」という大森監督のリクエストに応えることで、大友はこのインパクトの強い音楽を生み出した。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定