ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > アイアンマンvs海王CEO 高橋和希が描く“社長”対決など、7人のジャンプ作家がマーベル作品を描くコラボ企画がスタート

アイアンマンvs海王CEO 高橋和希が描く“社長”対決など、7人のジャンプ作家がマーベル作品を描くコラボ企画がスタート

2

2019年09月04日 12:53  ねとらぼ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真特設サイト
特設サイト

 「少年ジャンプ」とマーベル・コミックスのスペシャルコラボ企画が「少年ジャンプ+」で9月3日からスタートしました。合計7作品が公開予定で、現在『遊☆戯☆王』の高橋和希先生が描く『SECRET REVERSE(前編)』と、サクライタケシ先生によるマーベル編集長インタビュールポ漫画の2本が公開中です。



【その他の画像】



 『SECRET REVERSE』ではゲームショーのため日本にやってきたトニー・スターク(=アイアンマン)が、カードゲームを悪用し世界侵略をもくろむ“海王コーポレーション”の海王CEOと激突。アメコミを代表するヒーローが、高橋先生の代表作を連想せざるを得ないヴィランと激突する夢の展開となっています。従来の画風ではなく、フルカラーでアメリカンコミック風に左から右へと読みすすめる形式になっている点にも注目です。後編は11月27日公開予定。



 この他にもマーベルキャラで描くほのぼのギャグ漫画『あべんじゃーず:ギャグリール』(水野ハチ)、テレビ番組クルーによるアベンジャーズ・メンバーへの密着取材を描く『アベンジャーズ:インタビュー・ウィズ・ヒーローズ』(荻野ケン)、無責任ヒーローが日本とのコラボに相応しいサブタイトルで参戦する『デッドプール:SAMURAI(仮)』(原作:笠間三四郎/作画:植杉光)、アイアンマンやドクター・ストレンジがハロウィーンの街でアッセンブルする『Halloween Avengers』(mato)、交換留学のため来日した娘が心配でついていってしまうアントマンを描く『アントマン+(仮)』(羽田豊隆)と、多様な作品を公開予定です。


    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定