ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 「滅殺開墾ビーム」で「滅」を覚える小学生……!? 推しの言葉で漢字の宿題を仕上げた「痛ノート」が楽しい

「滅殺開墾ビーム」で「滅」を覚える小学生……!? 推しの言葉で漢字の宿題を仕上げた「痛ノート」が楽しい

1

2019年09月04日 17:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「やられたらやり返す」や「度し難いなこのバカは」など
「やられたらやり返す」や「度し難いなこのバカは」など

 「滅殺開墾ビーム」「絶対零度宇宙熱死砲」などのパワーワードが並ぶ、クセの強い漢字の宿題ノートがTwitterで注目を集めています。なんで「プロメア節」全開なんだ。



【その他の画像】



 ノートは投稿主のはちさんが、小学生の甥御さんが取り組んでいた夏休みの自由課題を紹介したもの。課題は漢和辞典から任意の漢字を選び、例文とあわせて10ページ分書き出すといった内容でした。これがなかなか進まないのを見かねて、「自分が好きなアニメの台詞を例文にすればいいんだよ!」と励ました結果、「度し難いなこのバカは」「駆逐してやる」などが踊るノートに仕上がったのだそうです。



 はちさんが「痛ノート」と名付けた自由課題は広く拡散され、「将来有望」「例文ほとんど堺雅人で笑った」と好評。「ウチの子はガンダムでやっていた」「我が家は『頭文字D』でした」など、似た経験を語る人もみられます。



 宿題の痛ノート化について、はちさんに詳細を聞いたところ、甥御さんは夏休み最終日の20時にもなって、「宿題が終わっていない!」と嘆いていたとのこと。「くさかんむりの漢字を制覇する」と目標を立てて進めているうちに、「葡萄」など画数が多くて難しいうえに使用機会の少ない字に当たり、行き詰まっていたそうです。



 使っている漢和辞典に例文が少ないこともあって苦戦する彼に、はちさんは「どんな例文でもいいのだから、普段気に入っている言葉で書けばいいだろう? 『駆逐してやる』とか」とアドバイス。堺雅人ファンのはちさんと、「半沢直樹」ファンの母親から影響を受けていた甥御さんは、「救世主だよ人類の」「やられたらやり返す」など、パワフルな言葉でノートを埋め宿題を終わらせました。



 甥御さんは低学年まで海外在住だったこともあり、日本語の読み書きが苦手。3DSで遊んだ「ドラゴンクエストVIII」でかな文字を覚えたといいます。「プロメア」は家族に連れられリピートして気に入っており、それで苦手な漢字の宿題もこなせるのだから、「好きこそ物の上手なれ」ってやつは強い。



 2学期が始まって宿題は提出され、現在は学校の反応待ち。ツイートへは「こういう宿題が提出されたときは楽しんでチェックしています」と語る教師のリプライもありますし、甥御さんの担任も同様に寛容な人であってほしい。


このニュースに関するつぶやき

  • 暴走族が難しい漢字を頑張って使う的な?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定