ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > Google アシスタント搭載で生まれ変わった「Lenovo Yoga Smart Tab」

Google アシスタント搭載で生まれ変わった「Lenovo Yoga Smart Tab」

0

2019年09月06日 03:42  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真「Lenovo Yoga Smart Tab with The Google Assistant」
「Lenovo Yoga Smart Tab with The Google Assistant」

 Lenovoは9月5日(現地時間)、10.1型WUXGA液晶ディスプレイを搭載するAndroidタブレット端末「Lenovo Yoga Smart Tab with The Google Assistant」を発表、9月中に販売を開始する。価格は299ユーロ〜だ。



【その他の画像】



 本製品は、1920×1200ピクセル表示に対応した10.1型IPS液晶ディスプレイを内蔵するタブレット端末で、8コアCPUのQualcomm 439を搭載。OSはAndroid 9を導入している。



 メモリは3GBまたは4GB、ストレージは32GBまたは64GBを内蔵する。USB 2.0 Type-C×1、microSDスロット(最大256GBまで対応)×1、IEEE 802.11ac対応の無線LAN、Bluetooth 4.2、顔認証機能を備えたWebカメラなどを利用可能だ(LTEモデルはmicroSIMカードスロットも装備)。



 新たに同社のSmart DisplayやSmart Clockシリーズと同様、音声アシスタントとしてGoogle アシスタントに対応し、音声操作をサポートした。



 内蔵バッテリーの容量は7000mAhで、駆動時間は約11時間だ。本体サイズは約242(幅)×166(奥行き)×8.5〜24(厚さ)mm、重量は約580gとなっている。


    ニュース設定