ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 東芝、テロ対策の新技術開発

ミリ波レーダーで刃物・銃・爆発物を検出 東芝がテロ対策の新技術 駅や空港での利用を想定

49

2019年09月06日 13:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 東芝は9月5日、ミリ波レーダーを使って危険物を検知し、テロを防止する技術を開発したと発表した。駅や空港などの利用者に30〜300GHzの電波を一斉に照射して所持品をスキャンし、モニターに画像を生成する仕組みで、刃物・銃・爆発物を隠し持っている不審者を見つけ出せる。実用化は2020年以降を想定しており、今後も研究開発を継続するという。



【その他の画像】



 航空保安検査など現在のテロ対策は、検査員・検知機の導入にコストがかかる点や、検査を待つ人で混雑する点などに課題がある。立ち止まる必要がないウォークスルー方式の検査でこれらの問題を解消し、武器の検出精度をさらに高める狙い。衣服を透過する一方、銃や刃物などの金属に触れると反射する他、爆薬に使われる粉体に吸収される――という、ミリ波の特性を生かして開発した。



 調査対象となるエリアの壁面に、6ミリ間隔/10ミリ間隔で2種のアンテナを設置し、両者が取得したデータを合成処理して武器の画像を生成する。従来、ミリ波レーダーを使って高精細な画像生成を行う際は、2ミリ間隔でアンテナを設置する必要があったが、この技術によって導入コストを大幅に減らしたという。



 武器を検知した場合に警告音を鳴らさない運用を想定しており、不審者に気付かれない形で警察に対応を依頼できるという。空港の他、駅やショッピングセンターなどへの導入も見込む。



 発表に先駆けて行った実証実験では、被験者が衣服に隠したモデルガンを特定できたという。今後も研究開発を続け、20年以降をめどに、鉄道会社やアミューズメント施設と連携した実証実験を目指すとしている。


このニュースに関するつぶやき

  • しかし・・・その東芝がテロ国家を支援していたりする矛盾ww
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 東芝がDRAMの製造中止し、韓国から輸入に頼ると反日馬鹿はいう。素材は日本製でシェアは世界の七割。米国や台湾等から買える。日本企業は早期に造れる。価格下落なら内外にネタを安く輸出か移転可能!
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定