ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 上白石萌音、女優姉妹ならではの楽しみは台本の読み合いと“効率カラオケ”

上白石萌音、女優姉妹ならではの楽しみは台本の読み合いと“効率カラオケ”

1

2019年09月06日 18:00  週刊女性PRIME

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

写真上白石萌音 撮影/佐藤靖彦
上白石萌音 撮影/佐藤靖彦

「仕事に関して、私は基本、スタートがネガティブなんです。“どうしよう”というネガティブなところから始まる。でも、できることは全部やったうえでうまくいかなければ、結局は“なんくるないさ〜”って。最終的にそこに行きつきます(笑)」

 そう仕事観を語るのは、女優のみならず、歌手としても活躍する上白石萌音。“落ち込みやすいけど、戻るのも早い”という性格の秘密は、生い立ちにあるようで、

「私、小学生のときにメキシコに住んでいたんです。そこで“ケセラセラ”の精神に触れて。“風の流れに任せろ”“なるようになる”みたいな意味です。そのラテンの国で培った力で、うまく切り替えられるように心を鍛えています」

妹と歌い続ける“効率カラオケ”

 上品で可愛らしい印象の上白石だが、映画『スタートアップ・ガールズ』では、自由奔放な大学生起業家に。しかも、髪はピンク……!

「女子ウケはよかったんですが、男子ウケは最悪でした(笑)。全然見慣れなくて、私も毎朝、鏡を見るたびにギョッとしちゃって。言いたいことはズケズケと言う役で、最初は暴言を吐くと心が痛んでいたんですが、監督に“もっといけ〜!”って言われることで、最終的には何でも言えるようになっていました」

 劇中では山崎紘菜演じるビジネスパートナーとタッグを組む。上白石にとって、普段の“ビジネスパートナー”は仲よしのマネージャーだというが、大きな存在がもうひとり。それは、同じく女優として活躍する妹・上白石萌歌だそう。

「年々、姉妹という感じが薄れていって、同志というか、めちゃくちゃ心強い友を持った感じです(笑)。そんな存在がいるのは、幸せなことだなって。今でも何かあれば相談し合ったりしています」

 家では姉妹で女優だからこその光景も。

「本読みを家でやるんです。お互いの台本読みに付き合うんですよ。出演作は必ず見て、感想も言い合います。カラオケにも行きますよ! “効率カラオケ”といって、時間を決めてしゃべらずに黙々と歌い続ける。歌もかぶらないように、お互いが何を歌いたいか察して、一緒に歌ったりハモったり(笑)。本当にいいパートナーを持ったと思います」

“同期”とW主演!

山崎紘菜ちゃんと主演を務めさせていただいたんですが、紘菜ちゃんとは同じオーディションで同じ賞をもらい、7年間同じチームにいて、何かあれば相談し合っていたのでいちばんの理解者なんです。同じ車で一緒に現場に行っあたりも(笑)。何をやっても受け止めてくれる絶対的な信頼があったので、今回共演できてすごく幸せでした」

映画『スタートアップ・ガールズ』9月6日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

IT×医療で起業を目指す自由奔放な大学生・光(上白石萌音)と、大企業に勤める安定志向のOL・希(山崎紘菜)。正反対な2人が、新プロジェクトで、まさかのビジネスパートナーに。出会いも相性も最悪!? そんな彼女たちを待ち受ける結末とは――?

    あなたにおすすめ

    ニュース設定