ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > ももクロ、金爆・鬼龍院翔、純烈、渡辺美優紀らが集結!松崎しげる主催フェス『黒フェス』が大盛況

ももクロ、金爆・鬼龍院翔、純烈、渡辺美優紀らが集結!松崎しげる主催フェス『黒フェス』が大盛況

0

2019年09月07日 10:30  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■「黒を強調しようと思って顔を白くしたら、ほぼMALICE MIZERでした(泣)」(鬼龍院翔)、「しげるにはいつもお世話になって」(ももクロ・百田夏菜子)

【画像】松崎とともに初回から5年連続で『黒フェス』に出場しているももクロ

9月6日の“松崎しげるの日(日本記念日協会認定)”に毎年恒例で行われる松崎しげる主催の音楽フェス『黒フェス2019 〜白黒歌合戦〜』が、東京・豊洲PITで今年も9月6日に行われた。
同イベントは、松崎と親交の深いアーティストが集結し、夏の終わりに大騒ぎする音楽フェス。2015年から毎年開催されており、今年で5回目を迎える。

今回は、松崎、ももいろクローバーZといったレギュラーメンバー、渡辺美優紀、純烈、鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)といった人気アーティストに加え、東京ゲゲゲイ、大橋純子、氏神一番(カブキロックス)といった世代、ジャンルを超えたアーティストたちが約2500人の来場客を楽しませた。

イベントでは、竜馬四重奏がフロントアクトで会場を温めた後、司会進行を務める伊津野亮と中村葵が登場。伊津野から紹介を受けた松崎が登場すると会場は大いに盛り上がり、松崎の開会宣言に大歓声で応えていた。

トップバッターは渡辺美優紀。渡辺は「皆さん、一緒に楽しみましょう〜!」と笑顔で語り、「MilkyLand」「Milky way」など全3曲を熱唱。

MCでは、「今回、「黒フェス」に出演するのが初めてで、皆さんの熱気がすごくて楽しいです! フェスに出演するのが初めてで今日はドキドキしていたのですが、皆さんが温かい目で見てくださっていてすごく楽しいです」と心境を明かした。また、松崎の印象について『ダンディなパワー溢れる、素敵な紳士だなって思いました。今日もすっごく天気が良くて『太陽すら味方するんだな』って(笑)」とみるきースマイルで話した。

続いて東京ゲゲゲイが登場。「日本アゲゲイ」「捧げたい」「Sence of immorality」の3曲を、圧巻のパフォーマンスで披露。MCでは、ボウが「楽屋のモニターで『こんなに人入るの!?』って思いながら観てたんですけど、ステージに立って本当にお客さんがたくさんいてびっくりしました」とステージの感想を語った。

3番手は純烈。「星降る街角」歌唱後のMCでは、小田井涼平が「俺は48歳なんやけど、いつもは自分よりも年齢高めのお客さんの前で歌っているけど、今日は明らかに(年代が)低いな!」と話して笑いを誘い、酒井一圭は以前、ももいろクローバーZと共演した際の裏話を披露するなど、会場を大いに沸かせた。

その後、「Propose」「Junretsu no happy birthday」を披露。「Propose」では小田井と酒井が客席に降りて歌うなど、終始観客を楽しませるステージを展開した。

『黒フェス』には2回目の出演となる大橋純子は「シルエット・ロマンス」をしっとりと歌い上げ、持ち前の美声で観客を魅了。がんを患い、1年半ぶりのステージだという大橋はパフォーマンス後、「気持ちいいですね。皆さんの前に立たせていただくことがうれしい。気持ちよく歌えました。ありがとうございました」と笑顔を見せた。

鬼龍院翔は、「Miren」「Life is SHOW TIME」「女々しくて」など全4曲を熱唱。黒い衣装に白塗りの顔で登場した鬼龍院は「黒を強調しようと思って顔を白くしたら、ほぼMALICE MIZERでした(泣)」と言って爆笑をさらい、「出演者は年も性別も色もバラバラですけど不思議な一体感のある素敵なイベントですね。バラバラな出演者がひとつになれるのは、松崎さんのなすパワーなんじゃないかと」と語り、「(ステージに)出る前はドキドキしてたんですけども、温かいフェスでした!」と感想を述べた。

大歓声の中、登場したのはももいろクローバーZ。「吼えろ」「黒い週末」「あんた飛ばしすぎ」など全6曲をパフォーマンス。

MCでは、百田夏菜子が「『黒フェス』には5年連続で出させていただいて、今年もありがとうございます! (松崎)しげるにはいつもお世話になって」とコメントすると、高城れにが舞台袖に向かって「しげる、ありがとー!」とお礼をして観客を笑わせた。

パフォーマンス後には、玉井詩織が「(『黒フェス』では)初めてバンドさんと一緒にステージに立たせていただいて、今までとは違うライブステージになったと思います」と感想を語ったほか、ももクロが本人役として出演する10月11日公開の映画『最高の人生の見つけ方』の撮影秘話を明かすひと幕も。最後に、百田が「これからもしげるに付いていきたいと思います!」と笑顔を弾けさせた。

氏神は代表曲の「OEDO」で会場をヒートアップさせたあと、「最近はライブハウスツアーばっかりやっていて、こんな大きいところはデビュー以来……(苦笑)」と自虐的なコメントで笑いを誘った。また、松崎とのエピソードについて「『俺、“黒の日”やってるから、お前、“白の日”やれよ』って言われて、4月6日にライブをやってるんです」と告白した。

満を持して登場した大トリの松崎は、「ルパン三世のテーマ2019」で観客たちの心を掴んだあと、「スタートライン」「愛のメモリー〜チェイサー」など5曲をパワフルな歌声で熱唱。

そして、最後に「上を向いて歩こう」を歌いながらももいろクローバーZ、鬼龍院、氏神を呼び込み、しっとりとした曲に深みのある歌声を乗せてライブパフォーマンスを締めくくった。さらに、「ありがとう! また来年ー!!」と2020年開催を宣言してイベントの幕を下ろした。

ライブ情報
松崎しげる Christmas Dinner Show 2019
12/23(月)東京・ホテル椿山荘 東京 ホテル棟1階 「ボールルーム」

『黒フェス』OFFICIAL WEBSITE
http://kurofes.net/

松崎しげる 公式Twitter(@shigeru_mats)
https://twitter.com/shigeru_mats

    あなたにおすすめ

    ニュース設定