ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > “オールデル”製品を触って試せる「DELL LOUNGE」が期間限定でオープン

“オールデル”製品を触って試せる「DELL LOUNGE」が期間限定でオープン

1

2019年09月07日 13:32  ITmedia PC USER

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真3辺狭額縁のスタイリッシュなデザインで、女性ユーザーを意識している「New XPS 13」
3辺狭額縁のスタイリッシュなデザインで、女性ユーザーを意識している「New XPS 13」

 デルは9月6日、9月8日までCase B(東京都渋谷区)で開催する「DELL LOUNGE(デルラウンジ)」内で記者向けの新製品発表会を行った。



【その他の画像】



 DELL LOUNGEは、合計36台の新製品全てのタッチ&トライができる2階建てのスペース。1階にはプレミアム「XPS」「Inspiron」および「Vostro」シリーズなど全ての新製品を展示し、2階にはくつろいた雰囲気で最新機種に触れられるリビングのようなスペースを設けている。



●できるだけ多くの人に見て触れてもらいたい



 発表会冒頭でデルの渡邊義成常務執行役員(コンシューマー&スモールビジネス事業統括本部長)は、同社のPCについて「コストパフォーマンスに優れ、安定性も高く、サポートの質の高さということで、2年連続で顧客満足度1位(「日経コンピュータ 顧客満足度調査 2019-2020」に基づく)を獲得している」とした上で、「デザイン」「独自の技術」「他社に先駆た第10世代Coreプロセッサの採用」の3つの強みを備えていると語った。



 DELL LOUNGEをオープンした理由については、「このようなデル製品の良さをできるだけ多くの人に見て触れて体感していただきたいから」と説明した。



●日本市場の要望が受け入れられた新製品群



 発表会の終了後、渡邊氏にデルの日本市場への関わり方について聞くことができた。



 「各社製品とも、グローバル的に“薄く軽く持ち運びしやすく”という傾向にありますが、クルマ(自動車)移動が中心の国と比べて、日本では(鉄道などの)公共の場でPCを開くことが多い。そのため、デザインによりこだわる傾向があります。



 もともと(デルのPCは)安定性やコストパフォーマンスという点で支持されていますが、日本の顧客はデザインも含め目が肥えています。その期待に応える製品を提供しないと支持されません。



 『デザイン性も高い製品を』と、本社(米Dell)に訴え続けていることが、製品づくりに少なからず影響を与えていると思います。今回投入した新製品も、安定性やコストパフォーマンスだけでなく、薄く、軽く、持ち運びやすく、デザイン性も高いものに仕上がったと感じています」(渡邊氏)



 また、マーケティング戦略部の劉カン氏も、「ゲーミングPCは、“黒い”“光る”という特徴がありますが、ゲーム以外で利用する際に『外で開くのが恥ずかしい』と感じる日本のお客さまは多いです。女性でも、『ハイパフォーマンスなPCがほしいだけ』という人が(ハイスペックなPCを)手に取りづらいという状況があります。



 『色の明るいものを作れないか』と本社にフィードバックを送り続けたことが功を奏して、白いボディーのゲーミングPC製品を提供できるようになったのではないかと思います」と話していた。



●展示されている新製品をピックアップ



 ここからは、DELL LOUNGEで展示されている第10世代Coreプロセッサを搭載する新製品を紹介する



New XPS 13(9月6日発売)



 プレミアムノートPC「New XPS 13」は、1月にモデルチェンジしたばかり。今回の新製品は、その2019年モデルのCPUを第10世代Coreプロセッサに刷新したものとなる。



 3辺狭額縁のベゼルを採用しつつ、2018年モデルでは「顔の写りが良くない」と不評だったことを受けて、Webカメラは画面の下部から上部へと移動している。



 第10世代Coreプロセッサの採用に合わせて、Wi-Fi(無線LAN)は最新規格の「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」に対応した。



New Inspiron 13 7000(9月6日発売)



 「New Inspiron 13 7000」は、「より薄く、軽く」を追求した、Inspiron 7000シリーズの13型モデル。マグネシウム合金を採用し、Inspironの13型モデルとしては初めて約955gの薄型軽量ボディを実現した。



 SSDは最大で512GBのものを搭載可能で、外部GPUとしてNVIDIAの「GeForce MX250」を備える構成も選択できる。バックライトキーボードや指紋認証センサーを標準で搭載する。



New Inspiron 13 7000 2-in-1(9月6日発売)



 New Inspiron 13 7000 2-in-1は、先述のNew Inspiron 13 7000の2in1モデル。重量は約1.4kgと若干の重さはあるが、アルミニウムボディーによって丈夫さを高めている。外部接続端子は、HDMI 2.0出力やThunderbolt 3などを搭載する。



 このモデルの最大の特徴は、付属のアクティブペン(スタイラスペン)をヒンジ部に収納して持ち運べること。これなら、かばんの中でペンがはぐれてしまうことはなさそうだ。



New Inspiron 14 5000(9月6日発売)



 New Inspiron 14 5000は、Inspironのスタンダードモデルという位置付けの5000シリーズの14型モデル。重量は7000シリーズより多少増すが、その分コストパフォーマンスに優れるという。



 ボディーカラーはシルバー、アイスライラック、アイスゴールド、アイスミントと種類が豊富なことも特徴的。Windows Hello対応の指紋認証センサーは、オプションとなっている。



New Inspiron 24/27 7000 フレームレスデスクトップ(9月6日発売)



 「New Inspiron 24 7000 フレームレスデスクトップ」と「New Inspiron 27 7000 フレームレスデスクトップ」は、その名の通り狭額縁ディスプレイを搭載するオールインワン(AIO)形態のデスクトップPC。HDMI入力端子を搭載し、ゲームやレコーダーのモニターとしても利用できる。スピーカーをディスプレイ下部に配置しているので、動画視聴にも最適だ。



 ボディーカラーは2色から選べる。スタンド部にはキーボードを収納できるようになっており、リビングでの利用を考慮したPCとなっている。Webカメラはポップアップ式で、使わないときには“物理的に”しまえるようにすることでセキュリティにも配慮している。



●中小企業向け新製品やゲーミングPCをピックアップ



 DELL LOUNGEでは、中小企業向けPCの新製品や、ゲーミングPCも展示されている。



New Vostro 13/15 5000(9月6日発売)



 Vostro(ボストロ)シリーズは、ビジネス向けエッセンシャル(必要最低限)PCという位置付けだ。



 New Vostro 13 5000は13型、New Vostro 15 5000は15.6型ノートPCの新製品。従来モデルからボディーを一新し、13型モデルは薄さ14.9mmのスリムデザインとなった。ビジネス用途とはいえ、ダイヤモンドカットを施すなど、デザイン面にも配慮している。



 忙しいビジネスパーソンのニーズに応えるべく、画面を開くだけで電源を投入できる「カバーセンサー」を搭載した。また、膝上での利用を考慮し、接地面の温度に応じて冷却システムの稼働具合を調節する「インテリジェントセンサー」も備え、常に最適なパフォーマンスを維持することができるという。ヒンジも改良し、画面を最大135度まで開くようになっている。



 15型モデルでは、ユーザーからの要望の多かったテンキーを復活している。



New Dell G3 15



 Dell Gシリーズは、デルのエントリー向けゲーミングPC。「G」は“グラフィックス”と“ゲーミング”の意味を込めて名付けられたという。



 New Dell G3 15はゲーミングノートPCのエントリーラインで、外部GPUは最高構成でNVIDIAの「GeForce GTX 1660」を搭載できる。ゲーミングPCをハイスペックマシンとして抵抗感なく使ってもらえるように、ホワイトモデルも用意している。



New ALIENWARE m15



 ALIENWARE(エイリアンウェア)は、デルが手がけるプレミアムゲーミングPCブランド。



 New ALIENWARE m15は、6月末に発売されたばかりの新ゲーミングノートPC。マグネシウム合金を使って軽く薄く仕上げてあることが特徴だ。ハニカム模様と楕円形を用いた先鋭的な新デザイン「Legend(レジェンド)」を適用したことも見どころといえる。



 先述のGシリーズ同様に、ゲーミングPCに見えないようなボディーカラーも用意している。オプションで「Tobii アイトラッカー」(視線追跡センサー)を搭載できるため、eスポーツプレイヤーに好評だという。



●XPSシリーズだけを体験できるポップアップストアもオープン



 デルでは、これまで同社製品に触れることのなかった層にもアプローチしたいということで、9月9日まで表参道ヒルズ(東京都渋谷区)に「DELL Design Labo」を期間限定でオープンしている。



 DELL Design Laboでは時間帯によってハローキティとその彼氏ダニエルに会える(9月8日まで)他、XPSでバーチャルガラポンを体験したり、ハッシュタグ「#Dell」をつけてインスタグラムに投稿するとその場で増田セバスチャン氏デザインのフレーム入り写真をプリントしたりすることもできる。



 目印は、増田セバスチャン氏デザインの巨大なピンクのDELLベアだ。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定