ホーム > mixiニュース > トレンド > "いい線いってる丁度良いパンツ"を展開、10匣Piguによる新ブランド「イーセン」がデビュー

"いい線いってる丁度良いパンツ"を展開、10匣Piguによる新ブランド「イーセン」がデビュー

0

2019年09月07日 17:12  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真写真
 「テンボックス(10匣)」のディレクターPiguによるパンツ専門ブランド「イーセン(e.sen)」が、2019年秋冬シーズンにデビューする。
【こちらもチェック】10匣のMr.Piguがディレクションを担当、明治神宮前にストリートカルチャーとアートを融合した床屋がオープン

 イーセンは「ジェンダーレスに履ける、ちょうど良いパンツブランド」をテーマに、Pigu自身が本当に穿きたい"いい線いってる丁度良いパンツ"を作りたいという思いから立ち上げられたブランド。ファーストコレクションでは、「THOMAS」と名付けたワイドテーパードシルエットのパンツ1型のみを製作し、「black denim」「brown denim」「blue grey check」「light blue corduroy」など素材違いで全6種類をラインナップする。価格帯は税別2万1,000円〜2万5,000円。9月14日から全国の取り扱い店舗で販売する。
 デビューを記念し、ジャーナル スタンダード 表参道ではイーセンのインラインに加えて別注のパンツ2型を展開。テンボックスからは別注パンツと同素材を用いた限定のコーチジャケットを発売する。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定