ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > ダルビッシュ5回無失点も…カブス逆転サヨナラ負け、首位との差広がる

ダルビッシュ5回無失点も…カブス逆転サヨナラ負け、首位との差広がる

2

2019年09月08日 13:01  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真カブスのダルビッシュ有
カブスのダルビッシュ有
○ ブリュワーズ 3x − 2 カブス ●
<現地時間9月7日 ミラー・パーク>

 カブスのダルビッシュ有投手が7日(日本時間8日)、敵地でのブリュワーズ戦に先発登板。5回を3安打無失点に抑え勝利投手の権利を持って降板したが、チームはサヨナラ負けを喫し6勝目を逃した。

 右前腕部の張りで1日(同2日)の先発予定を回避していたダルビッシュ。5勝目を挙げた8月27日(同28日)のメッツ戦から、これが中10日での登板となった。

 初回、一死から安打と四球でピンチを招いたが、4番・テムズを空振り三振に仕留めたあと、続くギャメルは左飛。2回以降は4者連続三振をマークするなど、テンポ良くアウトを積み重ねた。

 4回のピンチを凌ぎゼロを刻むと、直後の5回表、カブスは7番・ラッセルの9号ソロで先制。その裏、ダルビッシュは下位打線をキッチリ3人で片付け、勝利投手の権利をつかんだ。球数はまだ72球だったが、復帰戦ということもあり早めの降板。5回を投げ3安打無失点、7奪三振1四球の好投で防御率を4.12とした。

 継投策に入ったカブスだったが、6回に2番手・ライアンが失点しダルビッシュの白星は消滅。再び1点を勝ち越した直後の8回裏にも4番手・フェルプスが同点ソロを浴び、2度のリードを守れず9回裏にサヨナラ負けを喫した。

 この日は同地区首位・カージナルスが勝利したため、首位とのゲーム差は3.5に拡大。逆に連敗を喫した同地区3位・ブリュワーズとの差は3に縮まった。

このニュースに関するつぶやき

  • ??「喝だ喝だ!喝ですよこれは。中10日ももらって完投できないようでは、これはもう投手の仕事を果たしているとはいえません」ツイッター芸人「シェンロン、はよ」
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ??「喝だ喝だ!喝ですよこれは。中10日ももらって完投できないようでは、これはもう投手の仕事を果たしているとはいえません」ツイッター芸人「シェンロン、はよ」
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定