ホーム > mixiニュース > トレンド > ドイツ・ゲーテ街道の町フルダにある麗しきバロック宮殿「フルダ城」を訪ねて

ドイツ・ゲーテ街道の町フルダにある麗しきバロック宮殿「フルダ城」を訪ねて

2

2019年09月09日 06:40  GOTRIP!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

GOTRIP!

写真写真

中世より宗教の町として発展した、ドイツ中部の町フルダ。ゲーテ街道に属することで知られる一方、豪華絢爛なバロック建築が数多くのこる「バロックの町」でもあります。そんなバロックの町を象徴する建物が、町の中心にあるフルダ城。贅をつくした部屋や陶器コレクションが並ぶ城内ほか、手入れの行き届いた庭園やオランジェリーからは、当時の優雅な暮らしぶりが鮮やかによみがえる様です。

現在のフルダ城が建設されたのは1706年から1714年にかけて。それ以前に立っていたルネサンス様式の城から、装飾の華やかなバロック様式の城へと変貌と遂げました。城は町を治めていた修道僧、のちには司教の住居として使用され、時代ごとに拡張や改築が繰り返されます。

城内における最大の見どころは「領主の間」。天井には神話をテーマにした幻想的なフレスコ画が、1712年に描かれた当時のオリジナルのまま残されています。フレスコ画のほかにも細かな装飾がいたるところに施されているので、ぜひ時間をかけて鑑賞してみましょう。領主の間は現在でも祝賀行事や市議会の会合などで使用されています。

2階(ドイツでの1階)部分には、かつて城の主が住居として使用していた部屋の数々が続きます。部屋ごとに決まったテーマがあるかのように、置かれている調度品や壁の色が異なるのがとても印象的です。

いくつも続く部屋の一番奥にあるのが、これまでの部屋よりもひときわ豪華な「鏡の間」。数々の鏡や絵画がゴールドの縁で装飾され、城主の権力を示すべく眩しいほどの煌びやかさを放っています。

このほかフルダや東のテューリンゲンで製造されたフィヤンス焼、および磁器のコレクションが展示されています。壁には人物像のほか風景や動物を描いた絵画も多いです。

城内の見学後は、裏手にある庭園へ足を運んでみましょう。手入れの行き届いた花壇には美しい花々が咲き乱れ、お城に華を添えています。

フルダ城と庭園を挟んで立つのはオランジェリー。現在はホテルの朝食会場になっているほか、宿泊者でなくてもカフェの利用ができます。天井に巨大なフレスコ画が描かれた優雅な室内で、のんびりカフェタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

城主であった僧侶や司教の権力を誇示するかのような、豪華絢爛なフルダ城。現実離れした豪華な部屋の数々を見ながら、当時の生活がどんなものだったのか想像してみるのも楽しいですよ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

あなたにおすすめ

ニュース設定