ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 【西武】メットライフドームで充電切れの心配は無用に?! スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」を期間限定導入

【西武】メットライフドームで充電切れの心配は無用に?! スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」を期間限定導入

6

2019年09月09日 15:41  ベースボールキング

  • 限定公開( 6 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真写真
◆ 選手のサイン入りモバイルバッテリーも当たる!?

 西武は9日、9月11日(水)のソフトバンク戦から9月20日(金)の楽天戦までのメットライフドームで開催する計9試合において、スマホ充電器レンタルサービスの「ChargeSPOT(チャージスポット)」をメットライフドーム場内・場外の計4カ所に期間限定で導入することを発表した。

 球場への行き帰りや、観戦中にスマートフォンのバッテリーが切れた場合でも、メットライフドームに設置されたバッテリースタンドからモバイルバッテリーを借りて、自身のスマートフォンを充電することが可能となった。これにより、西武が導入している「Quick Ticket(スマホチケット)」での入場や、動画・写真撮影時のバッテリー切れの心配も不要となる。

 また、同サービスは充電後、メットライフドームに設置されているバッテリースタンドはもちろん、全国5000カ所以上に設置されている別のバッテリースタンドに返却することも可能。さらに、同サービスの導入記念として、1試合に限定で1つ、“選手直筆サイン入り”ラインズオリジナルモバイルバッテリーが貰える、当たり付きモバイルバッテリーがメットライフドーム場内のバッテリースタンドに登場する。


◆「ChargeSPOT(チャージスポット)」利用方法

【対象試合】
9月11日(水)〜20日(金)メットライフドーム開催9試合

【利用方法】
(1)アプリまたはLINE版ChargeSPOTをダウンロードし、アカウント登録。 http://myapp.oneLink.me/GQjX
(2)アプリでバッテリースタンドの場所を検索し、利用したいバッテリースタンドへ。
(3)バッテリースタンドに表示されているQRコードを読み取り、バッテリースタンドのスロットからモバイルバッテリーを取り出して、対応するケーブルを接続し充電開始。
(4)返却の際は、最寄りのバッテリースタンドを検索し、空きスロットにモバイルバッテリーを差し込み、利用時間が表示されたら返却完了。

【利用料金】
48時間以内まで300円(最初の1時間は150円)
48時間以降は2,280円でバッテリー返却不要。※いずれも税抜き
利用するアプリ「ChargeSPOT」のご利用には、指定のアプリが必要。【ChargeSPOT】または【チャージスポット】でアプリを検索。または、「ChargeSPOT」LINE公式アカウントと友だちになると、チャージスポットのアプリをダウンロードせずに、サービスを利用できる。

【返却方法】
メットライフドーム場内・場外に設置されたバッテリースタンドか、全国各所に設置されている別のバッテリースタンドに返却。

【設置場所・利用時間】
(1)メットライフドーム内L's BAR付近(3塁側):開場〜試合終了30分後
(2)メットライフドーム内L's Store付近(1塁側):開場〜試合終了30分後
(3)ライオンズ チームストア フラッグス:試合開始3時間前〜試合終了30分後
(4)ドーム前広場ファンクラブカウンター#4:試合開始3時間前〜試合終了30分後

    あなたにおすすめ

    ニュース設定