ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 巨人M9再点灯 DeNA痛恨の敗戦

巨人が4番・岡本の活躍で逆転勝ち!マジック「9」再点灯でDeNAは痛恨の敗戦

59

2019年09月10日 22:40  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真逆転2ランを放った巨人・岡本(C)KyodoNews
逆転2ランを放った巨人・岡本(C)KyodoNews
● DeNA 2 − 4 巨人 ○
<20回戦 横浜>

 巨人が4番・岡本和真の活躍で首位攻防第1戦に勝利。マジック「9」が再点灯した。

 先制に成功したのはDeNA。初回・2回と無安打に封じられたが、3回に3番・ロペスが第28号ソロを放った。DeNAの先発・今永は5回まで巨人打線を1安打無失点に抑え、1点のリードを守る。

 しかし6回、巨人が反撃に出る。二死走者なしから3番・丸佳浩が四球で出塁すると、続く4番・岡本和真が初球のチェンジアップを完璧に捉えた。巨人が岡本の第27号2ランで逆転に成功する。

 8回には、DeNAの2番手・エスコバーを攻め立てる。安打と牽制悪送球で無死二塁から、2番・坂本勇人が送って一死三塁。このチャンスに3番・丸がレフトへの犠飛を放ち1点を追加。さらに4番・岡本が2打席連続となる第28号ソロを放ち、リードを3点に広げた。

 8回は中川皓太、9回はデラロサが抑え、試合終了。巨人が逆転勝利で2位との差を5ゲームに広げ、マジック「9」を再点灯させた。好救援の2番手・高木が今季3勝目を手にしている。

 DeNAはエース・今永で臨んだ一戦で痛すぎる逆転負け。今永は7回を投げ、被安打2と好投したが、岡本への一球に泣いた。これでチームは5連敗となり、3位・広島にもゲーム差なしに迫られた。

このニュースに関するつぶやき

  • 巨人がM1で試合が開いているときいにDeNAと広島が3連戦とか潰しあいの瞬間に優勝決まったりして。2000年は中日と広島がそういう状態があった。
    • イイネ!7
    • コメント 0件
  • 首位を守るチームの野球ではなく首位を突き進むチームの野球を見た。最初から信じてきた優勝が確信に変わってきた。だからといって油断禁物exclamation ��2明日も優勝に向けて勝つ!!
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(27件)

あなたにおすすめ

ニュース設定