ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 中島&南野が得点 W杯へ好発進

日本がミャンマーに快勝! カタールW杯へ好発進…久保はアジア予選最年少出場記録を更新

117

2019年09月10日 23:23  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真W杯アジア2次予選の初戦で、日本はミャンマーに2−0で勝利した [写真]=AFP/アフロ
W杯アジア2次予選の初戦で、日本はミャンマーに2−0で勝利した [写真]=AFP/アフロ
 2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選が10日に行われ、日本代表とミャンマー代表が対戦した。

 立ち上がり、日本は雨でぬかるんだピッチへの適応に苦労する。それでも4分、南野拓実がペナルティーエリア内から左足で際どいシュートを放った。

 16分、日本が先制する。中島翔哉が左サイドからカットインすると、ペナルティーエリアの際から右足を振り抜く。強烈な弾道のボールは、ゴールに突き刺さった。26分には日本が追加点を決める。一度はシュートをストップされた堂安律が左足で入れたクロスに、南野がヘディングで合わせた。

 後半に入り、ミャンマーも盛り返す。54分にはアウン・トゥがペナルティアーク手前から右足を一閃。権田修一がパンチングで難を逃れた。

 80分には、中島との交代で久保建英が出場。18歳98日での予選出場は、1980年のスペインW杯アジア予選における風間八宏氏の19歳67日を更新する最年少出場記録となった。

 その後も試合は日本のペースで進むものの、3点目は奪えず。日本が2−0でミャンマーを下した。

 日本は10月10日に2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でモンゴル代表と対戦する。

【スコア】
ミャンマー代表 0−2 日本代表

【得点者】
0−1 16分 中島翔哉(日本)
0−2 26分 南野拓実(日本)

【スターティングメンバー】
■ミャンマー代表(4−3−3)
チョー・ジンピョ;ゾー・リン、ソー・モーチョー、ゾー・ミントゥン、ナンダ・チョー;ゾー・イェートゥン、ライン・ボーボー、アウン・トゥ(69分 ルウィン・モーアウン);カウン・シトゥ、タン・パイン(76分 スアン・ラムマン)、テイン・タンウィン(46分 シトゥ・アウン)

■日本代表(4−2−3−1)
権田修一;酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都;橋本拳人、柴崎岳;堂安律(66分 伊東純也)、南野拓実(76分 鈴木武蔵)、中島翔哉(80分 久保建英);大迫勇也

このニュースに関するつぶやき

  • アウェー大雨の中で勝ち点3が取れたことには満足できる。 だが、決定力不足は露呈してしまった。カウンター対策できていたのは流石のボランチ森保監督だと思った。結局、中島の先制点様様の試合だった。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 勝ち点3ゲットは必要最低限だけど、勝ったのは良かった点。ピッチがかなり酷かったね。水分含んでボールは走らないし。後半はシュート打てども入らないのが残念でした。怪我しなくて良かった。
    • イイネ!23
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(73件)

あなたにおすすめ

ニュース設定