ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > TBSとNHKが垣根を越えタッグ 東京オリンピック代表選考レースを完全放送

TBSとNHKが垣根を越えタッグ 東京オリンピック代表選考レースを完全放送

2

2019年09月11日 11:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真TBS番組応援キャラクターのブーブ(左)とNHKマスコットキャラクターのどーもくん(右)がタッグを組んで選手にエール!!
TBS番組応援キャラクターのブーブ(左)とNHKマスコットキャラクターのどーもくん(右)がタッグを組んで選手にエール!!
 今月15日に開催する東京五輪の男女マラソン代表選考会『マラソングランドチャンピオンシップ』の中継で、NHKとTBSがさまざまな形でコラボレーションすることが11日、発表された。15日午前8時から男子レースの模様をTBS、同9時10分スタートの女子をNHKが放送。史上初となる一発勝負の選考会を異例の協力体制で盛り上げる。

【写真】手をつないで仲良しのブーブ&どーもくん

 上位2人に入れば東京オリンピック代表に内定するこの大会。男子レースには、厳しい参加基準をクリアした精鋭31選手がエントリーした。注目は、アメリカにわたって力をつけた現日本記録保持者・大迫傑。双子の兄への思いを背負う前日本記録保持者・設楽悠太。驚異の練習量をこなす究極の努力家・井上大仁は去年のアジア大会金メダリスト。

 そして去年の福岡国際で日本人として14年ぶりの優勝を果たした服部勇馬は家族への感謝を胸に大一番に挑む。ほかにも35歳になった「元祖山の神」今井正人や青山学院大学出身の神野大地など、個性溢れるランナーが名を連ねた。誰がスタートから飛び出すのか、それとも終盤まで大集団で進むのか。展開が全く読めないレースのハラハラドキドキ感を余すところなくお伝えする。

 スタート前には両局の出演者が一堂に会し出演。レース中も男女のレース経過をリポートしあうなど、局の垣根を越えて東京オリンピック内定選手が決まる瞬間を届ける。これまでのマラソン中継にはない初の取り組みにも注目したい。

 板倉孝一TBSプロデューサーは「2局同時生中継という初の試みに向け、NHKさんと一緒に約1年間準備してきました。一世一代のレースに挑む選手たちの姿を『分かりやすく』『丁寧に』お届けしたいと思います」とコメント。

 松崎哲NHKプロデューサーは「男女のレースを同じコースで2つの局が同時に中継するのは初めての事です。TBSさんと共に大一番にかける選手の思いとマラソンのだいご味を熱く深く伝えます」と呼びかけている。

このニュースに関するつぶやき

  • 2局でやる必要ない 1局だけで十分
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定