ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 竹山「災害時にキャンプ用品」

関東の台風直撃でカンニング竹山が提案「災害時に役立つキャンプ用品はこれだ!」

98

2019年09月11日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/小原雄輝)
カンニング竹山/1971年、福岡県生まれ。お笑い芸人。本名は竹山隆範(たけやま・たかのり)。2004年にお笑いコンビ「カンニング」として初めて全国放送のお笑い番組に出演。「キレ芸」でブレイクし、その後は役者としても活躍。現在はお笑いやバラエティー番組のほか、全国放送のワイドショーでも週3本のレギュラーを持つ(撮影/小原雄輝)
 千葉市付近に上陸し、首都圏を直撃した強い台風15号は、各地で記録的な強風と強い雨をもたらした。停電や交通機関の乱れで生活に大きな影響が出ている地域も。お笑い芸人のカンニング竹山さんは「テレビとかで特集される防災グッズってレベルの高いサバイバルになりすぎていないか」と違和感を訴える。

【画像】100円ショップで備える命を守る20品

*  *  *
 僕は福岡の出身で台風はいろいろ経験してきたけど、これだけ首都圏に直撃するとやっぱり被害が広がるんだと実感しています。慣れていなかったり、対策されていないという面もあるけど、日本で一番多く人が住んでいますからね。台風の後は一気に暑くなるから、停電が続いている地域も心配です。

 災害時のために避難袋にいろいろ準備するように言われているけど、今回の台風で役に立ったものって何だったんだろう。実は、テレビとかで特集される防災グッズって、ちょっと現実離れしすぎているんじゃないかと違和感があるときがあるんですよね。トイレとかは本当に必要だと思うから、僕も緊急用のものは買って準備しているけど、あれもこれもとなりすぎて、そもそもそれを持って避難できるのか?ってことにもなりがちだと思う。

 それに、防災グッズ=サバイバルグッズになりすぎていませんか? 以前、ある番組で防災の専門家みたいな人が、家にあるバターにタコ糸を付けてろうそく代わりにする方法を教えていて、「家にあるものでできますから」って言っていたんですけど、僕はそれを聞いてちょっと疑問でした。なぜかというと、停電したらバターは溶けちゃってるだろうし、そもそも家にアロマキャンドルとか懐中電灯とかあるでしょ。テレビで防災の話になると急に、地球に隕石が落ちて焼け野原になったらどう生きていきますか?っていうレベルのサバイバル法を教えてくるじゃないですか。それってどうなんだろう……。そんな状況だったらみんな死んでいると思うんですよ。

 慣れていないと火だって起こせないから、それなら、スーパーとか100円ショップでも売っているチャッカマンを一つ持っておきましょう! 役に立つから!で良いと思うんですよ。普段からやっていない人は急にはできないし、世の中のほとんどの人はそうなんですから。

 それなのに「このタオルをこうやると……」とか「これで電気が発生して発熱します」とか、いやいや、非常事態にそんなことやらないでしょ!と思う。あまりにも難しすぎる方法を教えすぎていませんか? ゼロからオリジナルのものを作ろうとするんじゃなくて、そもそも道具があるんだから、それを手に入れようで良いと思う。

 サバイバルの手前にアウトドアとかキャンプがありますよね。僕もキャンプ好きですが、いまこれだけ流行っているし、安くて使えるグッズもいっぱい出ています。災害時用に2千円のLEDランタンを一つ持っておくと楽ですよとか、キャンプ用の充電器で携帯3〜4台分はバッチリですよ、という情報で良いと思う。折り畳みの小さいカセットコンロが一つあれば火は問題も無いし、焚き火台があればガスボンベが無くても拾ってきたもので焚き火するときも安全だし、キャンプ用の調理器具も軽くて良いと思う。テントまで揃えろって言うわけじゃないし、アウトドア用の便利グッズを勧める方が現実的だと僕は思うんです。それを普段から使ったら、プライベートも充実するだろうし。必要なのは、意外と日常からかけ離れたものじゃないと思うんですよね。

 あと今回は、電車が計画運休されて、復旧してもすごい行列ができていたという問題もありましたよね。復旧するにしても鉄道会社とかマスコミはその時間だけじゃなくて、8時に20%、10時に40%とかもっと細かな情報を伝えなきゃいけないのかなとも思いました。インターネットとかも使ってリアルタイムに状況がわかれば、使う人も判断できると思うんですよ。

 だけど、全国放送で関東の交通情報とか電車の復旧状況とかを連日やっているのも、それ以外の地域の人にとっては関係ないことかもしれないなとも思うんですよね。キー局が放送する番組は関東の視聴率が重視されているから、どうしても首都圏の情報に寄ってしまうんだけど、だからといって、まったく報道しないのも違うし。

 このギャップをどう変えていけばいいのか考えると、キー局が作ったものを全国で見るんじゃなくて、その土地、その土地で作ったものを見るのが一番良いんだと思う。連邦制のアメリカは、州によって法律も違ったりするけど、日本の地方活性化も、その地域のニーズをちゃんと満たしていくことだと思うんです。それは情報という意味でも。民放だと全国規模の企業がスポンサーに付かないと、お金が集まらなくてクオリティーが下がってしまうってこともあると思うんですけど。自然災害とか生活に関わる身近な情報は、地域ごとに、現実に近いものができたら良いなと今回の台風で感じました。

このニュースに関するつぶやき

  • うちも防災目的でキャンプ用品持ってるよ。キャンプにも行くけどさー。子供の寝袋は買った。大人の寝袋も欲しい。東南海が起こるが夏か冬かだけでも先に教えて欲しい(笑)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • サバイバルならバターは勿体なくて食に回すよね。
    • イイネ!45
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(57件)

あなたにおすすめ

ニュース設定