ホーム > mixiニュース > 海外 > 味付き電子たばこ規制の動き

米、味付き電子たばこの販売禁止へ 若者の健康被害懸念

71

2019年09月12日 09:48  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真2019年2月、米ニューヨークの店先に並ぶ電子たばこ製品=ロイター
2019年2月、米ニューヨークの店先に並ぶ電子たばこ製品=ロイター

 米トランプ政権は11日、ミントやメンソールなどの味付き「電子たばこ」の販売を禁止する方針を明らかにした。若者の間で利用が急増し、愛用者が死亡するなど健康被害の報告が相次いでいた。州や都市レベルでも規制の動きが出ており、日本を含む世界に利用者が広がる電子たばこの動向に影響するとみられる。


 禁止される電子たばこは、日本で広まっている加熱式たばことは違い、電気式の吸入器にニコチンや香料を含む溶液を入れて、加熱して蒸気を吸い込む仕組み。日本ではニコチンを含む製品は規制されているが、個人輸入されている。


 米国では18歳未満への販売は禁じられているが、メーカー各社はミントやメンソールのほか、フルーツやコーヒーなど様々な風味をつけた製品を販売。コンビニなどで手軽に買え、USBメモリーやペンに似た吸入器のおしゃれさもあり、中高生をひきつけている。


続きはこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 記事にもある通り、日本では最初から販売禁止の商品で、厚労省が取り締まってる。電子たばこという呼び名も適切ではなく、むしろ電子蒸気吸入器。禁止されるのはそれのニコチン入りカートリッジ。 https://mixi.at/aeIP43Y
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • いろいろな方のつぶやきを見ると、タバコと加熱式タバコと電子タバコの違いを知らない人が多いんだな。このニュースを切っ掛けに違いが広く認知される事を願う。ベイプ業界はもっと頑張って。
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(50件)

あなたにおすすめ

ニュース設定