ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 【凪のお暇】第8話は “お暇中” の慎二と凪が急接近!? いっぽうで強烈キャラの凪ママが登場しネットが震撼…

【凪のお暇】第8話は “お暇中” の慎二と凪が急接近!? いっぽうで強烈キャラの凪ママが登場しネットが震撼…

1

2019年09月13日 18:52  Pouch[ポーチ]

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真写真

2019年9月6日にTBS系で放送された『凪のお暇』第8話。

凪(黒木華さん)と慎二(高橋一生さん)の心の距離が縮まったり、ゴン(中村倫也さん)が初めて嫉妬を覚えたりと、今回も恋のハリケーンが吹き荒れる回となりました。

いっぽうで視聴者を震え上がらせていたのは、凪の母(片平なぎささん)。毒親を連想させる言動や振る舞いが、ネットで大きな注目を集めていたんです。

【素直な慎二も嫉妬しちゃうゴンさんもかわいい】

家庭や仕事のゴタゴタでついに倒れてしまった慎二は、ゴンの家(つまりは凪の隣の部屋!)で1週間の “お暇” を過ごすことに。

凪に本当の気持ちを伝えて以来、気まずい空気が流れていたけれど、少しずつ会話を交わしていくうちに心の距離が縮まっていきます。

最終的には、母親との “タイトルマッチ” のため北海道に飛んだ凪を追いかけて、「今はモジャモジャのほうがいい(今の凪のほうがいい)」と頭をポンポン。

そんなふたりを見てモヤモヤを募らせていたのはゴンで、これまで感じたことのなかった “激しい嫉妬” を覚えるんです。

すっかり素直になった慎二と、初めての恋心に戸惑うゴン。果たして凪はどちらを選ぶのでしょうか……コレは難しすぎる選択!!!!!

【凪を縛る「言葉の呪い」】

また今回のお話でクローズアップされたのは「毒親からの呪縛」。このドラマの裏テーマといっても、過言ではないでしょう。

凪の母は、凪が幼い頃から “言葉の呪い” をかけ続けていて、これこそが凪が空気を読みすぎるようになった要因。今回も凪の罪悪感を煽るような言いまわしで実家のリフォーム代を無心し、結局凪はコインランドリー経営のために貯めたお金を母に渡してしまいます……。

実は、慎二が空気を読みすぎるようになったのも複雑な家庭環境のせい。境遇が似ていることから、慎二は凪の気持ちを誰よりも理解しています。

【凪が呪縛から解き放たれる日は来るのか】

家の外だけでなく家の中でも空気を読み続け、その場が息苦しくならないよう誰かにとっての “都合のいい酸素” になり続けてきた凪と慎二。

凪はそんな自分に嫌気がさして “お暇” をとったはずなのに、母親と顔を合わせると、条件反射のように空気を読んでしまう……。果たして凪は、そんな自分と決別できるのでしょうか。今後の展開に期待したいものです。

そして次回第9話は、またしても恋の嵐が吹き荒れる!? 凪と慎二の結婚話があれよあれよと進んでしまうそうで、凪の人生、一体どうなっちゃうの〜!

参照元:TBSテレビ、Instagram @nagino_oitoma
執筆:田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定