ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > ゼロワンOP、西川貴教が歓喜

西川貴教、『ゼロワン』OP映像お披露目で歓喜「キタァァァァァァ」 3話目でようやく放送

90

2019年09月15日 09:20  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『仮面ライダーゼロワン』のオープニング映像に歓喜した西川貴教 (C)ORICON NewS inc.
『仮面ライダーゼロワン』のオープニング映像に歓喜した西川貴教 (C)ORICON NewS inc.
 テレビ朝日系新番組『仮面ライダーゼロワン』(毎週日曜 前9:00)の第3話「ソノ男、寿司職人」が15日、放送。ようやく放送3回目にしてLUNA SEAのベーシスト・J(ジェイ)と西川貴教のコラボレーション・ユニット「J×Takanori Nishikawa」による主題歌「REAL×EYEZ」(リアライズ)が使用されたオープニング映像がお披露目となった。

【写真】令和1号の仮面ライダー『ゼロワン』 変身ポーズも披露

 オープニング映像は高橋文哉演じる飛電或人(ひでん・あると)/仮面ライダーゼロワンや、岡田竜太郎演じる不破諫/仮面ライダーバルカン、井桁弘恵演じる刃唯阿/仮面ライダーバルキリーが登場したほか、謎の仮面ライダーも登場するなど見どころ満載となった。

 また、オープニング映像が3話目まで流れないのは異例で、主題歌を務める西川は「まさかの異例の2話目もOPナシ?! 『REAL×EYEZ』はどこで流れる?」と2話目の放送終了に不安に。前日14日に仮面ライダーゼロワンの公式ツイッターで放送を予告しても「し…信じていいの? 実は主題歌じゃなくて挿入歌でしたってオチじゃないよね?」と疑心暗鬼になっていた。そんな状況を乗り越えて本当に放送。西川は「『REAL×EYEZ』キタァァァァァァ! うぉぉぉぉぉぉ!」と歓喜のつぶやきをしていた。

 同曲は、かねてから親交のあったふたりのコラボ作。西川が仮面ライダーシリーズ主題歌のオファーを受け、Jを誘ったことで実現した。

 Jは、LUNA SEAが今年結成30周年を迎え、7月にはソロとして4年ぶり通算11枚目のオリジルナルフルアルバム『Limitless』をリリースするなど、精力的に活動中。一方、昨年から「西川貴教」名義での活動を本格的にスタートさせた西川は、3月にアルバム『SINGularity』をリリース、4月に全国ツアーを行うなど、音楽シーンの最前線に立ち続けている。

 そんなふたりがタッグを組んだ主題歌「REAL×EYEZ」は、「パンチの効いたJのロックサウンドと西川の魂のボーカルの真っ向勝負が織りなす、最高の仕上がりになっている」とのこと。編曲は、西川の『SINGularity』でも楽曲を提供している、ゆよゆっぺが「DJ'TEKINA//SOMETHING」名義で参加している。

 『仮面ライダーゼロワン』は令和初の仮面ライダー。人工知能を搭載したロボット=ヒューマギアが実用化された世界を舞台に、どんなストーリーが繰り広げられるのか、放送前から大きな話題を呼んでいる。

このニュースに関するつぶやき

  • 早くリリースされないかなあ。PVも見たい。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ゼロワン的にもオールオッケー
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(39件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定