ホーム > mixiニュース > 地域 > 迫る雨、ボランティア本格化

「赤の他人でいられない」=迫る雨、ボランティア本格化−停電なお10万戸・千葉

55

2019年09月15日 17:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真受付に並ぶボランティア参加者=15日午前、千葉県鴨川市
受付に並ぶボランティア参加者=15日午前、千葉県鴨川市
 台風15号の被害を受けた千葉県では15日、夜からの激しい雨が予想される中、ボランティアによる支援活動が本格化した。県社会福祉協議会によると、鴨川市や鋸南町など14自治体で受け入れを行い、学生など多くの人が集まった。30度近い暑さが続く中、参加者らは「赤の他人ではいられない」「少しでも楽になって」と汗を流した。

 千葉県内では15日も約10万戸が停電、約2万戸で断水が続いており、約280人が避難所生活を送っている。同日夜から16日明け方にかけては大雨が予想され、県などが警戒を強めている。

 鴨川市では15日、約380人がボランティアに参加。がれきの撤去などに加え、雨に備えて屋根や家財をブルーシートで覆ったり、土のうを作成、配布したりする作業に当たった。

 県立長狭高校(同市)3年の大久保裕介さん(18)は、市役所で土のうを配布。「同じ地域で苦労している人がいる。(復旧に)貢献したい」と話し、「(住民から)助かったと言われ、うれしかった」と笑顔を見せた。 

土のうを作るボランティア参加者ら=15日午前、千葉県鴨川市
土のうを作るボランティア参加者ら=15日午前、千葉県鴨川市


雨に備え、飛ばされた屋根にブルーシートを張るボランティア参加者ら=15日午前、千葉県鋸南町
雨に備え、飛ばされた屋根にブルーシートを張るボランティア参加者ら=15日午前、千葉県鋸南町

このニュースに関するつぶやき

  • ボランティア保険ぐらいかけてるよね?そうでないなら千葉の自治体はブラック企業と大差ない
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 「赤の他人でいられない」、こういうの自然に言って、行動に移せる人って素晴らしいなぁって思う。
    • イイネ!28
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(29件)

あなたにおすすめ

ニュース設定