ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ジュニア時代から大活躍の近藤あさみ「浴衣を脱いで表情がセクシー!」

ジュニア時代から大活躍の近藤あさみ「浴衣を脱いで表情がセクシー!」

0

2019年09月15日 18:40  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

小学生だった2011年にジュニアアイドルとしてデビューし、これまで50枚以上ものDVDをリリースしてグラビアファンから注目を集めている近藤あさみ。


現在はグラビアと並行しながら、今年デビュー予定のアイドルグループに所属するなど、アイドルとしても活動している。そんな彼女が通算53枚目となるDVD&Blu-ray『あさみ日和〜新章〜近藤あさみ』(フェイス)をリリース。その発売記念イベントが14日、東京・秋葉原のソフマップで開催され、水着姿となって眩しすぎる肢体を露わにした。

「私が可愛いなと思うものを選んでみました。今日のイベントのために買ったんですよ♪」と水着解説で幕を開けた近藤のイベント取材。3サイズは未公表ながら、色白のスレンダーボディが何とも悩ましく、そんな近藤を写真に収めようと、報道陣がこぞってシャッターを切りまくっていた。

そんな彼女の魅力が詰まった最新作は、3月に都内と神奈川県で撮影されたもの。「撮影の時が凄く寒くて、赤い衣装を着たシーンではスタッフさんが小さいストーブを両手で持ってくれて私の身体を温めてくれました。それと撮影中のお昼ご飯に分厚いサンドイッチを食べました。卵とかつサンド。めちゃくちゃ美味しかったです!余っていたので、持ち帰っちゃいました(笑)」と笑顔で振り返った近藤が、最新作で際どい衣装や水着を着用しながら10代の眩しすぎる肢体をたっぷりと披露している。

今回の設定は「私がデザイン学校に通っている学生役で、卒業制作で作った衣装を恋人に見てもらうというストーリーとなっています」と説明した近藤。シーン的には「赤い浴衣を着たシーンでは、和室で撮影しました。大人っぽいシーンになっていると思います。ピンクの衣装の時は、髪型もフワフワでフリルもついていて、可愛くなっていると思いますよ」と紹介し、「お気に入りのシーンはウエディングのシーン。花かんむりを被ったりしました。そのシーンでは扉をバーン!と開けるシーンがあるんですけど、凄く楽しかったです(笑)。お花もいっぱい並べたりして、凄く印象が残っていますね」と思い出に残ったシーンだという。セクシーなシーンは、赤い水着を着たシーンと和室で撮影した浴衣のシーンだとか。「赤い水着のシーンは可愛い感じにもなっているんですが、大人っぽいシーンに仕上がっていると思います。浴衣を着たシーンでは、自分で浴衣を脱ぎました(笑)。表情がセクシーだと思います」とセクシーアピールも、「自分で脱いで恥ずかしさは別に何ともなかったですね」と19歳とは思えないコメントで、早くもベテラングラドルの余裕さえ感じさせた。

ジュニアアイドルとして小学生の頃にデビューしてから、今作が53枚目を数える近藤。「53枚も作品を出した実感はないんです(笑)。小学生の頃は撮影中に「ムンクの叫び」みたいな感じだったんですけど、今はちゃんとしてますね。それが成長したのかな?」とグラドルとしての自覚も芽生えたそうで、「以前のイベント取材でも言ったんですが、100枚は行きたいですね」と意欲満々。そんな彼女は今年の夏、デビューを控えているアイドルグループの合宿に参加したという。グラビアはもちろん、アイドルとしての活動も要注目だ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定