ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 世界最大の精子バンクが日本上陸 AIDで生む「3組5人の選択」とは

世界最大の精子バンクが日本上陸 AIDで生む「3組5人の選択」とは

2

2019年09月16日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真ドナーの精子は、−196度で凍結され、バンクに保存されている。購入すると、液体窒素を充填したタンクに移し替えられ、発送される(写真:Cryos International提供)
ドナーの精子は、−196度で凍結され、バンクに保存されている。購入すると、液体窒素を充填したタンクに移し替えられ、発送される(写真:Cryos International提供)
 不妊に悩む夫婦だけでなく、単身女性や同性カップルにも子を望む人はいる。日本では昨年慶應大がAIDの受け入れを中止したが、世界的な精子バンクが上陸、国内の状況が変わろうとしている。ジャーナリスト・大野和基氏がリポートする。AERA 2019年9月16日号から。

【写真】精子の運動率と1ml中の精子細胞数を調べているところ

*  *  *
 証券会社に勤める真弓さん(38)は独身だ。現在、交際している相手はいない。両親と同居しているが、両親には「子どもがほしい」と折に触れて話している。「両親は冗談だと思っているかもしれない」が、真弓さんは真剣だ。

「ハリウッド女優のジョディ・フォスターが精子バンクを利用して子どもを産んだことは知っていました。私も年齢を考えると時間がないので精子バンクを利用しようと思いました」

 提供精子を扱う精子バンクは、日本では1996年に民間業者がインターネット上で開設した。これに対し、日本産科婦人科学会は精子の売買を規制する見解を発表。法律ではないため拘束力はないが、第三者の提供精子を使う場合でも、夫婦でないと人工授精を行わないクリニックは多い。

 非配偶者間の提供精子による人工授精(AID)は、日本では慶應大学病院で48年から実施されてきた。しかし、ここ10年ほど、世界的にドナーの情報開示を求める声が大きくなった。ドナー確保が難しくなり、慶應大は昨年、新規患者の受け入れを中止している。

 つまり、現在、日本の生殖補助医療は、極めて厳しい状況にある。

 そこで、真弓さんも、最初は海外で人工授精をしようと考えた。

「日本ではできないと思ったからです。が、調べているうち、クリオス・インターナショナルという精子バンクを知り、日本事業担当の伊藤ひろみさんと知り合いました。単身女性でも精子バンクを利用できることがわかりました」

 クリオス・インターナショナル(デンマーク・オーフス)は87年に設立された、世界最大の精子バンクだ。世界100カ国以上に精子を輸出している。そのクリオスが2月、東京都内に窓口を開設した。伊藤さんはそのディレクターを務めている。

 真弓さんにとって、日本語でやりとりができることが大きな前進だった。

「日本でシングルマザーになると、貧しいというレッテルが貼られてしまう。実際はシングルマザーでも裕福で幸せな人はたくさんいます」

 伊藤さんに紹介された国内のクリニックで、妊娠可能かどうか一連の検査をした。基準を満たしたため、すぐに精子をオンラインで注文した。

 クリオスでは、精子の運動率や、ドナーの民族・人種、瞳の色や身長、体重といった情報を公開している。子どものときの写真や現在の写真を公開しているドナーもいる。

「精子を選ぶうえで最も重視したのは、精子の運動率です。できれば日本人の精子がよかったのですが、なかったので、ドナーはデンマーク人の男性です。送料を考えると、1回ずつ注文するよりまとめたほうがよいので、5回分購入しました」

 選んだ精子を同じクリニックに送ってもらった。費用は総額50万円ほど。精子の価格は条件で異なり、デンマークでは1本あたり47〜1940ユーロ(1ユーロ=約118円/9月5日現在)。タンクに液体窒素を充填して送るため、送料もかなりの額を占める。

 真弓さんはクリニックで人工授精を行ったが、1回目は失敗し、これから2回目に挑戦する。2回目も失敗したら、体外受精に切り替える予定だ。両親はまだ知らないが、真弓さんは妊娠したら「伝えるつもり」という。

 子どもを望む単身女性や同性カップルが精子バンクを使うのは、欧米では普通のことだ。クリオスの創設者、オーレ・スコウ氏はこう語った。

「クリオスのミッションは、不妊のカップルや子どもがほしい女性を助けること。先進国では、レズビアンのカップルやシングル女性からの需要は急増しています」

 その波は、日本にも来ている。クリオスの日本事業所は開設して半年ほどだが、伊藤さんによると、「日本でも、夫婦のみならず、子どもを望む女性からの相談が増えている」という。

 一恵さん(42)と響さん(40)は女性カップル。12年前に知り合い、一緒に暮らしている。子どもがほしいと考えだしたのは、3年ほど前のことだ。

「子どものいる同性カップルもいますが、話を聞くと、ゲイの男性が精子ドナーになって一緒に子育てをするとか、パートナーの男兄弟の精子を使うとか、そういう話がほとんど。でも、『知人男性の精子』というところに拒否反応があって。もし途中で男性の気が変わって親権を主張しだしたりしたら、何が起こるか想像がつきません。私たちは私がパパで響がママであるという役割分担をしているので、それ以上人間は必要ありません。精子バンクを使うというのは命の種を買うという気持ちです」(一恵さん)

 昨年、知人経由でクリオスを知った。まだ日本の窓口ができる前のことだ。

「最初は『こんなふうに精子が選べるんだ』とサイトを見ているだけでした。精子バンクに関する知識が全くなかったので、自分たちの中でもかみ砕く時間が必要でした」(響さん) 

 クリオスがドナーの登録までに、感染症や遺伝病の有無など、厳しい検査を課していることも知った。

 登録基準を、現CEOのピーター・レスリヴ氏はこう語った。

「対象年齢を18歳から45歳までに限っています。ニーズの多い人工授精で重視されるのは、精子の運動率、次いで1ミリリットル中の精子細胞の数です。この2点が基準値に達したら、本人の喫煙歴や飲酒歴、家族の病歴など、健康に関するアンケートを取ります。米国産婦人科学会のガイドラインに従って、性感染症や46種類の深刻な遺伝性疾患についても、潜伏期間を考慮し、半年間凍結した後、検査します」

 こうした厳格な基準をクリアする確率は、わずか5〜10%だという。

 6月10日、伊藤さんに連絡し、翌日にはドナーを選んだ。人工授精なのでまず精子の運動率を重視した。

「それ以外は、ドナーの幼児期の写真が私の小さいころの笑顔と似ていたこと。髪と目の色がダークブラウンかブラウンであれば、人種はそこまで気になりませんでした。最終的に選んだのはイタリア人の精子でした」(一恵さん)

 排卵日に合わせ、シリンジを使って自宅で人工授精を行った。この1回で妊娠した。

「世の中にはLGBTへの偏見がありますが、堂々と幸せに生きています。中学のときに少し悩んだことがありましたが、10代のときにレズビアンであることを母親に告白したときも『そうだと思っていた。いいんじゃない』と言われ、家でも何の問題にもなりません」と響さんは明るく言う。

 精子の運動率ではなく、そのほかのファクターが重要になるケースもある。卵子に直接精子を注入する、顕微授精を行う場合がそうだ。

 会社員の玲子さん(39)が子どもを授かりたいと思ったのは、37歳の頃。夫は1歳年上のエンジニアだ。

「私の体を検査したら、卵管がつまっているとわかったので、最初から体外受精が選択肢になりました」(玲子さん)

男性の100人に1人が無精子症といわれる。玲子さんの夫も無精子症と告知された。男性不妊の専門医を紹介され、そこでTESE(精巣内精子採取術)を実施した。精子が1匹でも見つかれば、顕微授精をすることができる。だが、精子は見つからなかった。夫はそこまでショックを受けているようには見えなかったという。

 玲子さん夫婦の場合、精子バンクについて言及したのは夫の方だった。

 国内のクリニックに相談すると、医師はドナー情報の秘匿を条件に、提供精子で体外受精を行った。

 昨年、無事第1子が誕生した。

「体外受精にあたって、5個採れた私の卵子から4個の受精卵ができました。きょうだいがいた方がいいと思い、医師に相談すると、クリオスを教えてもらいました。そのクリニックはクリオスを使ったこともあるそうです」(同)

 クリオスは、デンマークだけでなく、アメリカのフロリダにも精子バンクを持っている。顕微授精では精子の運動率を優先する必要はないため、重視したのはドナーの「血」だ。

「日本人の血が入っているかどうか。数人見つかりましたが、フロリダの方の男性の精子を選びました。五つの人種が入っていましたが、子どものときの写真をみると日本人色が強かったので、そのドナーにしました」(同)

(ジャーナリスト・大野和基)

※AERA 2019年9月16日号より抜粋

このニュースに関するつぶやき

  • 日本人の精子提供ボランティアを利用するよりか安全。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定