ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > MITが靴や車の色をカメレオンのように着せ替えできる技術!光でインクを再プログラム

MITが靴や車の色をカメレオンのように着せ替えできる技術!光でインクを再プログラム

0

2019年09月16日 10:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
カメレオンのように、色を手軽に着せ替えできたら、モノを新しく購入しなくても気分が変えられるだろう。MITのコンピューターサイエンスおよび人工知能研究所(CSAIL)の研究チームは、光で再プログラム可能なインクを使用してこれを実現する。

モノの表面に特殊インクを塗り付け、光で塗り替えるこの技術を使えば、靴、スマホケースから車まで、あらゆるモノの色が無限に着せ替え可能となるだろう。・光で色の要素をアクティブ/非アクティブ化研究チームは以前から、色を消したり着けたりができるシステム、「ColorMod」を開発しており、今回の新技術「PhotoChromeleon」も、これがベースとなっている。

改良点は、インクの表現力と解像度が大幅に上がったことだ。ColorModでは、光でアクティブ/非アクティブ化できる特殊インク(フォトクロミック染料)を、ピクセル単位でモノの表面にプリントしていた。

ColorModでは色ごとに扱い、模様に合わせてマッピングしていたフォトクロミック染料だが、PhotoChromeleonでは、シアン、マゼンタ、イエローの混合インクをスプレーする。・気に入らなければ消して何度でもやり直せる異なる波長の光を用いてターゲットの色素に働きかけ、アクティブ/非アクティブ化することであらゆる色を表現できる。

例えば、青色光を使用すると、イエローの染料がこれを吸収して非アクティブになる。これによりマゼンタとシアンが残り、ブルーが表現できるという具合だ。

高解像度でモノの表面にデザインが描け、気に入らなければ消して何度でもやり直せる。

同プロジェクトにはFordも関わっているようで、将来は気分によって色が変わる車が購入できるようになるかもしれない。

参照元:Objects can now change colors like a chameleon/MIT News

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定