ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 攻殻1.5 後の世界描く新連載

「攻殻機動隊1.5」の後の世界を描く新連載、トグサ・バトーらが難事件に挑む

84

2019年09月16日 15:18  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM」
「攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM」
藤咲淳一原作による吉本祐樹の新連載「攻殻機動隊 THE HUMAN ALGORITHM」が、本日9月16日にコミックDAYSでスタートした。

【大きな画像をもっと見る】

本作は士郎正宗「攻殻機動隊1.5 HUMAN ERROR PROCESSER」の後の世界、すなわち草薙素子が消えた後の公安9課を描く物語。トグサやバトーはもちろん、霊能局からスカウトされた新キャラクター・ツナギらが、日本各地で起こる難事件に挑む。藤咲は自身のTwitterアカウントで、本作について「人形使いのいた世界線、原作1.75くらいの気分で書いております」とコメントした。なお同作は月刊ヤングマガジン(講談社)でも、9月20日発売の10月号より連載される。

このニュースに関するつぶやき

  • 少し見たけどタッチは結構好き〜もう少しシリアスでも良かった気はする。最初はトプ画プロトくんだと思ってたけどトグサだったというwバトーさん相変わらずいい体、でも髪型はいつかのサイトーを思い出ゲフンゲフン https://mixi.at/aeMvJcS
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • う〜ん なんかちょっとね。
    • イイネ!25
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(44件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定