ホーム > mixiニュース > コラム > 70歳のGカップ美女のポジティブ人生に憧れる…!Vol.2お仕事編「辛いことは“生きている証拠”、なんでもプラスになります!」

70歳のGカップ美女のポジティブ人生に憧れる…!Vol.2お仕事編「辛いことは“生きている証拠”、なんでもプラスになります!」

6

2019年09月16日 17:10  Suits-woman.jp

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

「人生史上、最も老けていたのは30代です」とにっこり微笑むのは、70歳のGカップ美女として話題の吉丸美枝子さん。51歳で起業し、独自の『ヴェーネレ美容法』を確立し、美容家として活躍。7月末には最新著書も発売になりました。輝き続ける吉丸さんに年齢を逆行して若くなる秘密や、人生を思い通りに変える方法を伺いました。

Vol.1人生編「どん底からV字アップをするための思考法」はコチラ

吉丸美枝子さん。

★吉丸美枝子さん★
1949年生まれ。30代の時に専業主婦から一転、2人の子供を育てるシングルマザーとなり美容の道へ。整美体操、気功、整体、エステ技術を学び、51歳でセルフ美容を提唱する『ヴェーネレ』を設立。現在の会員数は2万人。現在も全国で公演活動を行なっている。

仕事は、人に会うこと、仲間を作ることで向上する

−−会員2万人を誇る『ヴェーネレ』を主宰し、全国各地で公演している吉丸さんは成功している第一線のビジネスウーマンでもあります。そんな吉丸さんが、仕事で大切にしていることは何でしょうか?

吉丸さん(以下、吉丸):それは人に会うことです。今、ネットの時代になって、コミュニケーションはPCやスマホで行なうようになりました。しかし、人間の本質は、群れを成して助け合うことにあります。たった1人で仕事をしていると、やはりバランスを崩してしまうのです。

ですから、私は人に会うことを大切にしています。誰かと話し合えば、いいヒントが生まれますし、相談をすれば助けてくれる。それに、自分も誰かの役に立つことができます。これをメールやLINEでするのは、なかなか難しいんですよ。『ヴェーネレ』にはサロンがあり、人と人が会って仕事を進めています。このデジタル時代を見越して、ビジネスを作り上げてきました」

−−時代の先を読むことが、仕事の成功のためには重要なのでしょうか?

吉丸:時代を読むよりも、基本を大切にしています。人間は触れ合わなくてはいけません。スキンシップが愛の一番の表現なのです。スマホやPCなど便利な道具のおかげで、愛の表現が欠如しているように感じますね。さまざまな誤解は、会って話せば解消することが多いもの。仕事に行き詰まったら、人に会うことを習慣づけてはいかがでしょうか。きっといい道が見えてくるはずです。

先日、サロンで会員さんの固まっていた脂肪をぎゅっと触ってほぐしたところ、「いたたたた……」とおっしゃったんです。それを私は「生きてる証拠」と言いました。

痛みや苦しみは、生きている証拠。仕事には、苦しみや悲しみが付きまとうことも多いですが、それは生きている証なのです。

仕事がうまくいかないと思っている人は、悲しみやつらさを、過大解釈しすぎています。たいていのことは何でもプラスになります」

志と才能があるから、苦しくなる……それを自信に変えて

吉丸:成功する人、志が高い人には、試練はつきものです。私は起業した時に、「女性が一生できる仕事を作り、世の中を明るくしたい」という志を持っていました。

神様はそういう人に対して、様々な試練を課してくるのです。過去には、本当に様々なことがありました。シングルマザーで社会に一人で放り出されたときは、どうなるかと思いました。でも「美を仕事にしたい」と願うと、たまたま見た雑誌にいい情報が載っていたり、それを見て連絡した先生がたまたま電話に出てくださったりと、様々な奇跡が起こるのです。私の子供たちを、両親が面倒を見てくれたのも、私の熱意が伝わったからです。

今までに起こったことはすべて、ありがたいと思うし、よかったと思っています。他の方から「あのときは、すごく大変でしたよね」と言われますが、私は苦難と思わず、挑戦だと思って楽しんでいました。大きな困難が来ると、さらに大きくなれるのです。一つ達成したら、その次の波が来る。そのたびに強く、大きく成長するのです。

今、堅実女子の皆さんが困難な状況にあるなら、「私には志と才能があるから苦しいんだ」と自信に変えてください。神様はクリアできるから、試練を課してくるのです。人間も、赤ちゃんには誰も苦労をさせませんよね。それと同じことです」

−−とはいえ、仕事の困難や苦労に押しつぶされて、心身を病んでしまう人もいますよね……。

吉丸:試練を乗り越えられるかどうかは、自己判断によるところが大きいです。できると思えば続ければいいし、無理だと思えば、やめればいいのです。ただ、自分自身がダメになるまで気づかない人もいますが、そういう人は、そこまで能力がなかったと自覚し、別の道を探せばいいのです。

困難は、通過すれば楽になります。苦しいのは、通過に時間がかかるから。お産と同じなんです。そういう時は集中力を発揮し、問題点と打開策を見つけて、一点突破する。出産も集中力がある人は、1時間で終わります。私は2人の子供を産んでいますが、お産を思い出すと何でもできると感じます。

命がけで生命を生み出すのが、女性です。女性は何でもできる。だから、『ヴェーネレ』という女性の集団をつくったのです。それに比べると、男性は弱いですね。私たち女性が支えないと(笑)。

「女性は強いんですよ(笑)」とほほ笑む吉丸さん。

自分の使命を探す!

−−吉丸さんは、美を仕事にして、成功されました。働く堅実女子が自分の適職を見つけるには、どうすればいいのでしょうか?

吉丸:それは、「自分に与えられた使命」に早くたどり着くことです。そのためには「何をしたら自分は楽しいのか」に集中し、見つかったらそれを仕事にするのです。

今の仕事も、あなたの使命に気づいたり、使命を仕事にするための修行過程かもしれません。過去はすべて未来につながっていますから。

それでも、なかなか気づけない人は、環境を変えてみてはいかがでしょうか。好きな場所、心地よいと感じる場所に行き、人脈を変え、違う世界の全然違う人と交流する。すると様々なひらめきがあるはずです。

家でじっとスマホを眺めていても、いい結果にはなりませんよ。なるべく人に会い、自分を磨いていってください。すると仕事はうまくいきます。

『顔もお腹もV字アップ! 50、60代になっても若返るすごいテクニック』(小学館)。若さ、美貌、幸せ、成功を、自分の理想通りに叶えていく手に入れるメソッドを紹介。イメージ通りに幸福を手に入れる方法とは? 吉丸さんと会員の衝撃のbefore・afterを多数掲載している。

取材/前川亜紀 撮影/黒石あみ

このニュースに関するつぶやき

  • 無用の長物! 必要の無い物体
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ��������
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定