ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 板野友美、横浜での中学生時代「ませたデートとかしてました」

板野友美、横浜での中学生時代「ませたデートとかしてました」

1

2019年09月16日 19:21  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真「ShortShorts×横浜音祭り2019『板野友美 Talk Event〜音と旅する映画デート〜』」での板野友美
「ShortShorts×横浜音祭り2019『板野友美 Talk Event〜音と旅する映画デート〜』」での板野友美
 歌手、女優の板野友美が16日、横浜市内の劇場で行われた「ShortShorts×横浜音祭り2019『板野友美 Talk Event〜音と旅する映画デート〜』」に登壇。横浜で過ごした学生時代や音楽を始めたきっかけなどを振り返り、終盤では観客からの恋愛相談に真剣に答えた。

【写真】 板野友美、肩出しワンピがかわいい!

 同イベントでは、板野が出演する『乗り遅れた旅人』を含む4本のショートフィルムを上映。横浜出身の板野は、「横浜でデートが一番いいですよね」と魅力を語った。中学生の頃に横浜に住んでいたという板野は「グループデートじゃないですけど、みんなで遊園地に来て、映画を観て帰る、みたいな、ませたデートとかしてました」と学生時代を回顧。落ち着いていて、おしゃれな感じが魅力だとも語った。

 『横浜音祭り』にちなんで、音楽活動のことに話が及ぶと板野は「幼稚園の頃にSPEEDさんがテレビに出ていて。こんなにかっこ良く踊れる人たちがいるんだ、と思って」と歌手に憧れたきっかけを告白。また「母親が、適当に『友も頑張ったらテレビの箱の中に入れるかもよ』って言ったのを信じちゃって、SPEEDさんのビデオをずっと観て歌ったり踊ったりしてるうちに。歌とかダンスが好きになりました」と振り返った。

 10月16日にミニアルバム『LOCA』を発売する板野は「作詞も4曲させていただいて」とニッコリ。今までにないラテン調の曲なども収録していると話し「全曲とってもお気に入りのアルバムになりました」とアピールした。

 イベントでは恋愛に関するトークも。『好き』とはどういうことか、と観客から質問された板野は「どういうことなんですかね(笑)」と困惑しながらも「『この人どう思う?』って聞くってことは好きじゃないのかなと思うんですよ」と返答。友達に否定されたとしても、自分がいいと思ってしまうことが『好き』ということなのではないかと持論を語った。

 イベントには板野のほかに古波津陽監督が登壇した。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定