ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 松坂桃李「事務所と戦い」報告

松坂桃李「事務所と戦い終わりました」“お許し”出たことを報告<蜜蜂と遠雷>

142

2019年09月16日 20:19  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真松坂桃李 (C)モデルプレス
松坂桃李 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2019/09/16】俳優の松坂桃李が16日、都内で行われた映画「蜜蜂と遠雷」(10月4日公開)の完成披露イベントに、松岡茉優、森崎ウィン、鈴鹿央士、メガホンをとった石川慶監督と登壇した。

【さらに写真を見る】松坂桃李主演、R-18指定映画の特報解禁でファンに衝撃

4人のピアニストたちがそれぞれの葛藤と戦いながらコンクールに挑む姿が描かれている本作にちなみ、今、自身が戦っていることやものを尋ねられた登壇者。松坂は「事務所と戦い終わりました」と意味深コメントをし、松岡から「大丈夫ですか?」と心配されると、「このお仕事をさせていただいて、ありがたいことで10年が経ち、アウトプットする連続の10年でして、そこからなかなかひと息つく暇がなかったので、それを事務所サイドとお話をしました。どうにかできんもんでござろうかと」と詳細を説明した。

これに松岡が「休みがほしいと」と一言でまとめると、松坂は「そうですね。ちょっと休みたいかなって話をした結果、ようやくお許しが出ました」と報告。これに会場から拍手が上がり、松岡も「おめでとうございます!アフリカでもブラジルでも行ってらっしゃい」と祝福した。

◆映画「蜜蜂と遠雷」

「映像化は不可能」と言われた恩田文学の集大成である本作は、国際ピアノコンクールを舞台に、世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦、才能、運命、そして成長を描いた物語。かつて国内外のジュニアコンクールを制覇するも、13歳のときに母を亡くし、「ピアニスト」になることから長らく逃げてきた元天才少女・栄伝亜夜を松岡、社会人となり妻子を持ちながらも夢を諦めきれず、最後のチャンスと決意してコンクールにエントリーした高島明石を松坂、音楽エリートとして超名門音楽院に在籍し、優勝候補最有力の重圧に挑むマサルを森崎、そして、今は亡き世界最高のピアニストが遺した謎の少年・風間塵を鈴鹿が演じる。

◆松坂桃李、当初は“バンビ”みたいだった

ピアニスト役を演じての感想を聞かれると、子どもの頃にピアノを習っていたという松岡は「マンツーマンのレッスンだったんですけど、マンツーマンのレッスンを受けながらうたた寝をしてしまうような大変不真面目な生徒でございましたので、先生には大変ご迷惑をおかけしたんですけど」と反省しつつ、「根気強く教えてくださったおかげで、鍵盤との親しみはありましたので、その点は皆さまよりは楽な位置からスタートできました」とニッコリ。

一方、松坂は「なかなかのハードルで、触ったこともほぼない状態で、最初のレッスンの先生の一言目が『松坂さん、ドはどこですか?』で、『ここかな…』『それはファですね』『ファー!』みたいな(笑)」とエピソードを打ち明け、本編ではCGや差し替えなどはしてないそうで「先生がマンツーマンで熱意を込めて指導してくださったおかげで、なんとか撮影を撮りきることができましたね」と感謝した。

そんな松坂とレッスンが一緒になったときがあるという松岡は、「鏡越しに松坂さんが弾いているのをチラッと見ていたんですけど、(手が)バンビみたいでした。立ち上がる子鹿みたいな感じでしたよね」と述懐。「そこから高島明石の優しくて柔らかな演奏に。あのときのバンビはなんだったんだっていう。ねえ、松坂さん。俳優ってすごいなって思いました」と松坂の成長を絶賛すると、当の松坂は「本当にどこに行っちゃったんでしょうね(笑)。だましだましやっております」と謙遜していた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • たまげた〜!独立でもするのかと思ったよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • この人とスダマサキは、一体いつ寝てるのだろう…
    • イイネ!175
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(84件)

あなたにおすすめ

ニュース設定