ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

4

2019年09月17日 06:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真自宅に生ハムの原木があることに気づいてしまった、柴犬のはるおくん(画像提供:はるおさん)
自宅に生ハムの原木があることに気づいてしまった、柴犬のはるおくん(画像提供:はるおさん)
 「生ハムと同居していたことに気づいてしまった犬」という一文とともにツイッターに投稿された、ある柴犬の写真が話題を集めている。投稿主ははるおさん(@ haruosensei_01)で、写真は自宅に生ハムの原木があることを発見して、今にも飛びつかんばかりの体勢になっている生後10ヶ月の愛犬・はるおくん(オス)の姿を撮ったものだ。投稿には「かわいらしい」「おもしろい」といったコメントが寄せられ、現在までに1.9万リツイート、7.1万いいねと反響を呼んでいる。なぜこのような写真が撮れたのか、飼い主でもあるはるおさんに話を聞いた。

【写真】目をギュッとつぶり…高い所に登ったら降りれなくなってしまったはるおくん 猫との仲良しすぎるショットも

■「生ハムの原木」は誕生日プレゼントに友人から貰ったもの

 もう少しで手が届きそうな目と鼻の先にある美味しそうな生ハムの原木を前に、頑張って必死になって背伸びをしている姿がとても可愛らしいはるおくん。そんなはるおくんと飼い主のはるおさんの出会いは、1月1日の新年会の帰りだったとのこと。

「父親の還暦祝いで、前から欲しがっていた柴犬を我が家に迎え入れました。一番手にじゃれついてきた子犬がはるおでした。初春の「春」と、私が文豪の「佐藤春夫」が好きなので、「はるお」という名前になりました」

 自宅に生ハムの原木があるというのは、なかなか珍しいことのようにも思えるが、手に入れたきっかけは「誕生日プレゼント」であったそうだ。

「誕生日に、10年ほど付き合いがあるフォロワーの方から貰いました。『誕生日プレゼントに何が欲しい?』と聞かれたので、『肉が食べたい』と答えたところ、『楽しい気分になれる肉を贈る』と言われて、生ハムの原木が家に届きました」

 ツイッターの投稿にはたくさんの反響が寄せられ、7万件をも超える“いいね”が集まった。中には、「食べられちゃう」「次の日、消えているかも」などといったコメントも見られた。

「全てに目を通したわけではなく、ざっと見た感じではありますが、私が不在の間に生ハムをはるおが食べてしまわないかと心配をしてくれているコメントが印象に残っていますね。生ハムは、普段は犬や猫が入らない客間に置いてあるんです。そういうことが起こらないよう、大切に管理しています」

■“生ハムを守りながら”犬と猫と平和に暮らしていきたい

 はるおさんは、柴犬のはるおくんだけではなく、猫も一緒に飼っている。以前にツイッターに投稿した、はるおくんと猫の仲睦まじい様子をおさめた写真も話題を集めていた。

「2匹の関係性は、先輩とやんちゃな後輩といった感じですかね。はるおを飼う前に、猫がまだ子猫だったときにも犬を飼っていたので、猫からすると、大きくて不器用な猫のような感じで犬を見ているんだと思います。はるおにとっては、猫は一緒に遊んでくれる仲間なんじゃないのかな」

 どこか少し切なくてかわいらしいはるおくんの姿が反響を呼んだ今回の投稿だが、飼い主であるはるおさんが「かわいい」と感じたエピソードは他にもある。

「はるおがまだ子犬だったときなんですが、猫について行ってキャットタワーの2段目によじ登ったのはいいものの、思っていたよりも高さがあって降りられなくなってしまったことがあったんです。ギュッと目をつむっていた姿は、今思い出してもかわいかったなと」

独特な一言セリフとともに、思わずクスっと笑える犬と猫の写真を投稿しているはるおさん。今後については「これからも、平和に生ハムを守りながら、ゆるやかに犬と猫と暮らしていきたいです」と語ってくれた。

このニュースに関するつぶやき

  • 自分が同じことをされたらどう感じる?
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定