ホーム > mixiニュース > コラム > 痛み「我慢しない」という教訓

医師「我慢するしかない」→我慢してたら盲腸が破裂寸前になった話 実録漫画が教えてくれる、「痛みを我慢しない」という教訓

295

2019年09月17日 07:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ある日、原因不明の腹痛に襲われる
ある日、原因不明の腹痛に襲われる

 腹痛で病院に行ったところ「胃腸炎」と診断され、我慢していたら盲腸が破裂寸前になったという体験談漫画がTwitterで話題に。同じような経験をした人たちから共感が集まっています。作者はイラストレーターの夏野みかさん。



【その他の画像】



 ある日、夏野さんは原因不明の腹痛と嘔吐に見舞われ、眠れぬ夜を過ごします。次の朝、病院を訪れると、問診と聴診をした医者から「胃腸炎」と診断され、「夕方にはよくなると思う」と言われます。



 昨晩食べたお刺身に当たったかもしれないと思った夏野さんは、そのまま帰宅。しかし、夕方になっても痛みはひどくなるばかり。救急相談ができるサービス「#7119」に電話した上で、救急車を呼ぶことにしました。



 2つ目の病院ではCT検査を受け、問診されますが、結果に異常は見つからず。痛み止めを処方されて、今は我慢するしかないと言われます。仕方がないので帰宅した夏野さんでしたが、そこからもう一晩、吐き気と痛みで眠れないまま過ごすことに。



 次の日には両親が駆け付け、色々な病院に電話で掛け合ってくれましたが、昨夜かかった救急病院に行くよう断られます。しかし救急病院からも、その時間は内科医がいないため他の病院に行くように言われます。そしてそうこうしているうちに熱は39度に。ついに2度目の救急車を呼ぶことになりました。



 3つ目の病院では触診で、すぐに「盲腸かもしれません」と言われます。採血と再度のCT検査を受け「急性虫垂炎」と診断。緊急オペができる病院に運ばれ、すぐに手術が行われました。術後には医師から、「想定より状態が悪く 開いてみたら破裂寸前だった」と聞かされました。



 盲腸は抗生物質による治療や、手術となっても少ない傷跡で済むことが少なくありません。しかし夏野さんの場合は救急オペだったため、お腹に傷跡が4つ残ってしまうことに。もう少し早く、正確な診断をしてもらえていれば……そんなモヤモヤが残る結果となりました。



 夏野さんは、「腹痛」にはいろいろな症状の可能性があるため、最初から医師に対しもっと説明すべきだったと振り返っています。また、薬を飲んでも、医師の説明になかったような激痛に見舞われる場合は、我慢せずに再診してもらうことが大切。そして、場合によっては、複数の病院を受診してみることも必要かもしれません。夏野さんも、とにかく「痛みがあれば我慢しない」と、本件の教訓について語っています。



 この漫画の読者からは「私も似た経験あります。思ったよりも我慢できてしまうけど、我慢してはいけない」「私も虫垂炎だろうと病院いったら、三度誤診された」など、同様の経験をした人からのコメントが集まっています。



画像提供:夏野みか(@72no3can)さん


このニュースに関するつぶやき

  • 誤診されて「もう……ちょー……。」
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 「痛み」って自分にしかわからないから誰かに伝えるのって本当に大変。
    • イイネ!140
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(185件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定