ホーム > mixiニュース > トレンド > 入場料のある本屋に「定期券」

入場料のある本屋「文喫」に「定期券」 月1万円で平日入り放題

50

2019年09月17日 13:32  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 入場料1500円(税別)を支払えば、一日中、本に浸れる書店「文喫」(東京・六本木)の“定期券”が登場した。専用スマートフォンアプリ「文喫アプリ」で、月額1万円の「文喫定期券」を提供。店頭で定期券を提示すれば、平日なら毎日利用できる。



【その他の画像】



 文喫は、約3万冊の書籍を販売する書店。入場料1500円を支払って入場し、閲覧室や喫茶室で本を読める。コーヒーや煎茶は飲み放題だ。



 新たに、「文喫アプリ」をリリース。文喫で開かれる企画展の情報などを提供するほか、月1万円で平日入場し放題になる「文喫定期券」を販売する。



 定期券は、アプリ上で「このチケットを使う」ボタンと「使用」ボタンをタップし、画面をスタッフに提示して入場する。



 定期券利用者の特典として、土日祝日の入場に使ったり、友人にプレゼントして一緒に訪れることができる「ギフトチケット」が月1枚もらえる他、好みに合わせてスタッフが本を選ぶ選書サービスも月1回無料で利用できる。



 文喫はリブロプラスが運営。アプリはインサイトコアが提供する。


このニュースに関するつぶやき

  • 最初はちょっと高いかと思ったけど、六本木でカフェにでも入ればかなり取られるだろうし、本好きの人というのはいるから、いいのかもね。書店の喫茶部みたくケーキとかあれば尚いいなあ
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 本が好きなので、行ってみたい。3万冊もあれば、お気に入りもみつかりそう。日常を忘れて、リラックスできる空間が持てるね。少し高いけど、文喫定期券を買えば、飲み物付きで、何回も行けそう。
    • イイネ!24
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(28件)

あなたにおすすめ

ニュース設定