ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 【おとうとは発達障害】#23 見えない…子どもの視野の狭さを体験

【おとうとは発達障害】#23 見えない…子どもの視野の狭さを体験

0

2019年09月17日 16:40  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
こんばんは。たきれいです^^先日、発達支援センターにて、次男くもの視野の狭さを体験してきました。月2回くらい定期的に通っている支援センターの療育プログラムの一環で、「今日はこれから視野の狭さを体験します」と言われ、体験することに。

【詳細】他の写真はこちら



ペットボトルの注ぎ口から見える景色がくもの視野です。そのままの状態で、部屋の中のどこかにあるボールを探しました。まあ、そうは言っても数秒で見つかるでしょ、と甘く見ていた私がバカでした。数分かかりました!しかも、心理士さんから「こっちの方ですよ〜」とヒントを貰って数分です。あと、ボールを見つけた時に全意識がボールに行っちゃうので、周りに注意が向かなくなるんです。体験して良く分かりました。


くもはよく、失くしものをしたときに「ママ、人形どこ〜?」と聞いてくるのですが、だいたいすぐ見える場所にあります。「探す気が無いのかな?甘えてるのかな?」と思っていてごめんなさい。本当に見えてなかったのね。

これじゃ交通事故に遭いやすいはずだわ!とゾッとしました。車道に近い場所や駐車場では必ず手を繋いでいますが、くもには車が見えていない事を肝に銘じて一層気を付けます!ではでは、よい週末を〜!また来週^^

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定