ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 西島秀俊の“善行”に共演者もびっくり「すごい…」

西島秀俊の“善行”に共演者もびっくり「すごい…」

0

2019年09月17日 18:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

17日、柴又帝釈天にて映画『任侠学園』大ヒット祈願イベントが行われ、西島秀俊、伊藤淳史、池田鉄洋、佐野和真、前田航基、佐藤蛾次郎、そして木村ひさし監督が登場。西島秀俊が、共演者もびっくりの“善行”を明かした。


本作は、社会貢献大好きな弱小ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が空回りしながらも世の為、人の為に走り回る人情コメディ。ヒット祈願のご祈祷後には、終始和やかな雰囲気でトークセッションが行われた。

西島が「えー、みなさん、こんにちは」と話し始めると、集まったファンから「こんにちは」と返しが。驚きつつも、照れたようにハニカミながら「ありがとうございます」と集まったファンに感謝した。

葛飾・柴又といえば、寅さん。『男はつらいよ』シリーズでおなじみの佐藤蛾次郎が、本作にも出演している。いきなり挨拶で「寅さん、やりますんで」と他作品の宣伝をする場面が。西島もつい、「男はつらいよ、12月27日ですか。はい、ぜひ」とのっかったが、さすがに最後は「任侠学園の宣伝の方もしていただいていいですか」と丁寧にツッコミを入れていた。


仲が良いというキャスト陣。あだ名で呼び合おうと提案したのは西島だという。西島のあだ名は「ひで坊」。前田航基は、大先輩に向かってさすがに呼べないと戸惑ったというが、呼ばないと「おい、まる(前田のあだ名)」と怒られたエピソードを披露した。


“反省会”という名の飲み会では、佐野和真が西島としたという“ある約束”を明かした。その約束を心に刻んで仕事を頑張っているという佐野だが、西島は「なんだっけ」。爆笑が起こる中、佐野が「おまえが大きくなったら、おまえが出る作品に俺を呼んでくれ」と説明すると、「あー、それは言ってるよ!」と思い出した様子。「いつかそれを絶対叶えよう」という佐野の決意を聞き、小さな声で「やったぁ」と呟き笑いを誘いながらも、その男気ある言葉に会場からは拍手が起こった。


そして、“阿岐本組”は全員善人のお助け屋さんという内容になぞらえて、最近行った善い行い=善行について聞かれた西島は、「善行!?」と腕組みして一瞬沈黙。そして「善行じゃないかもしれないですけど」と前置きしたうえで、ロケ先やスタジオ、借りた場所、居酒屋などの「トイレをきれいにする」という行いを明かした。これには、共演者からもファンからも「へぇ〜〜」と感嘆の声が上がった。「いやぁ、クセなんだよなぁ。おれ、だってここ、さっききれいにしたもん。誰だ、汚したのって」と話すと、隣にいた伊藤も思わず「すごい…」と漏らした。このことは共演者の誰も知らなかったそうで感心しきりだった。


西島が「本当にヒットするんじゃないかな」と感じるほど晴れ渡る空のもと行われた、このヒット祈願イベント。西島秀俊を筆頭に、佐藤蛾次郎の体を気遣いながらゆっくり境内を進むキャストの姿や、ファンの握手に応える様子など、映画同様、人情味に溢れる温かいイベントとなった。


■『任侠学園』
9月27日(金)全国公開
出演:西島秀俊 西田敏行 伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋 佐野和真 前田航基 ・ 戸田昌宏 猪野学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大 ・ 高木ブー 佐藤蛾次郎 ・ 桜井日奈子 白竜 光石研 中尾彬(特別出演) 生瀬勝久
配給:エイベックス・ピクチャーズ / 企画・制作プロダクション:ROBOT
(C)今野敏
(C)2019 映画「任侠学園」製作委員会


    あなたにおすすめ

    ニュース設定