ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 浦和ドローもACLベスト4進出

浦和、上海上港に追いつかれドローも…アウェイゴールで準決勝進出!

23

2019年09月17日 21:36  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真浦和レッズが上海上港と引き分けACLベスト4進出を決めた [写真]=Getty Images
浦和レッズが上海上港と引き分けACLベスト4進出を決めた [写真]=Getty Images
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝セカンドレグが17日に行われ、浦和レッズは上海上港をホームに迎えた。

 8月27日に行われたファーストレグで浦和は貴重なアウェイゴールを2点奪ったものの、2度のPKで追い付かれ引き分けに終わっていた。

 39分に試合が動く。関根貴大が左サイドからドリブルで切り込み正確なボールを供給すると、興梠慎三がドンピシャで合わせた。シュートは相手GKの手をはじき、ネットを揺らした。浦和が前半を1点リードで折り返した。

 後半に入り60分、上海上港が意地を見せた。味方のクロスにワン・シェンチャオが左足で合わせて同点ゴールを記録した。直後の61分には橋岡大樹が強烈なシュートを放つが、クロスバーに弾かれた。

 その後は両チームとも追加点を挙げることはできず、試合はそのまま終了。2試合合計3−3となり、アウェイゴールで浦和がベスト4進出を決めた。

【スコア】
浦和レッズ 1−1(2試合合計 3−3) 上海上港

【得点者】
1−0 39分 興梠慎三(浦和レッズ)
1−1 60分 ワン・シェンチャオ(上海上港)

【スターティングメンバー】
浦和レッズ(3−4−3)
西川周作;岩波拓也、鈴木大輔、槙野智章;橋岡大樹、エヴェルトン(78分 柴戸海)、青木拓矢、関根貴大(83分 阿部勇樹);長澤和輝、興梠慎三、ファブリシオ(86分 武藤雄樹)

このニュースに関するつぶやき

  • 浦和は興梠をマークすれば負けない 杉本も武藤も得点の匂いしないからね
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 嬉し泣き��(������)とは言えまたまたいつものパターン追い付かれて勝てなかった。真面目にこの先が心配です。
    • イイネ!9
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(10件)

あなたにおすすめ

ニュース設定