ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > MotoGP:ヨハン・ザルコ、KTMと契約維持もレースは出場せず。ミカ・カリオが残りの6ラウンドで代役参戦

MotoGP:ヨハン・ザルコ、KTMと契約維持もレースは出場せず。ミカ・カリオが残りの6ラウンドで代役参戦

2

2019年09月18日 00:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真ヨハン・ザルコ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)
ヨハン・ザルコ(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)
 KTMは9月17日、2019年シーズンの残りの6戦で、ヨハン・ザルコの代役でミカ・カリオを参戦させると発表した。2019年のMotoGPクラスにレッドブルKTMファクトリー・レーシングから参戦しているザルコは、KTMとの2年契約の途中解除に合意し、今季限りでチームを離れることが決定していた。

 ザルコは、Moto2クラスで2度のワールドチャンピオンに輝き、2017年に最高峰のMotoGPにステップアップした。2シーズンをモンスター・ヤマハ・テック3で過ごした後、2019年からKTMのファクトリーチームに移籍してきた。

 KTMはザルコとの契約を2年結び、2020年シーズンも走る予定であったが、双方が契約の途中解除に合意。2019年シーズン限りでザルコはチームを離れることになった。

 今回の発表は、KTMのテストライダーを務めているカリオがザルコのシートを引き継ぎ、第14戦アラゴンGPから最終戦までの6戦を代役で出場するというものだ。

 ザルコはレースには出場しないが、KTMの契約は2019年末まで維持されるという。

 KTMは、MotoGPマシンであるRC16の今後の開発に焦点を当てており、テストライダーのカリオがレースに出場しデータを得ることが重要な役割を果たすと考え、開発や現在進行中の作業が優先されこのような判断を下した。

 カリオは、2015年10月からKTMとテストライダー契約を結び、マシン開発の最初から関わっており、2017年にMotoGPデビューを果たしたKTMのMotoGPプロジェクトにおける重要なライダーだ。

 2016年を通してマシン開発を主導し、2016年の最終戦バレンシアGPでKTMのレースデビューを飾り、これまで7度ワイルドカードでMotoGPクラスに出場している。

 レッドブルKTMファクトリー・レーシングは、今シーズンの残りの6戦、ポル・エスパルガロとカリオのコンビで戦い2020年のRC16の開発も同時進行で行う。

 また、KTMの2020年のシートが一枠空くことになっているが、そのシートに誰が収まるかは未定である。

このニュースに関するつぶやき

  • う〜んザルコはもう少し待ってペドロサが開発したマシンで頑張ってみるってのもアリだとおもうんだけどな〜
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定