ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > ローランド、DAWに再参入 米企業買収でiOS、AndroidからMac、PCまで対応するZenbeats投入

ローランド、DAWに再参入 米企業買収でiOS、AndroidからMac、PCまで対応するZenbeats投入

6

2019年09月18日 09:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真iPadで動かしたZenbeats
iPadで動かしたZenbeats

 ローランドは9月18日、新しい音楽制作アプリ「Roland Zenbeats」を公開した。iPhone、iPad、Android、Mac、Windowsに対応する。基本は無料で、アプリ内課金により楽器やループをアンロックすることができる仕組みだ。



【その他の画像】



 ローランドは2013年に、Windows専用DAWの「SONAR」を開発していたCakewalkをGibsonに売却し、自社のDAWがない状態が続いていたが、今回のZenbeatsによりクロスプラットフォームで再参入することになる。



 Zenbeatsは自社開発ではなく、米ベンチャーOpen Labsの買収により製品化した。ローランド傘下となったOpen LabsはクロスプラットフォームDAWのStagelightを長年提供してきたが、これを新製品のZenbeatsに移行する。



 iOSでの全コンテンツのアンロックは1800円。全OSのアンロックも用意されている。


このニュースに関するつぶやき

  • DAWの作業をスマホで操作とかゾッとする。SONARもしばらくアップデートせずにいたらいつの間にか無償化してて驚いたが。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ローランドさんが買収したのかと思った。すげーな、さすがカリスマホスト!って思った。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ニュース設定